ダウン症の子どもたちと歩いて理解深める「よかウォーク」開催[11/3]

ダウン症の子どもたちと一緒に歩くことで、ダウン症への理解を深めるイベント「よかウォーク with バディウォーク ふくおか 2018」が11月3日(土)午後1時から、福岡市東区の海の中道海浜公園で開かれます。ダウン症の子どもがいる親たちでつくる実行委員会が主催し、参加者を募集中。一緒に歩いたあとは、ステージイベントやボール遊びなどのアクティビティも予定しています。

過去のよかウォークの様子

実行委によると、バディウォークは1995年に米国でスタートし、世界各国に拡大。福岡のよかウォークは2016年に初めて開かれ、17年は約650人が参加しました。

過去のよかウォークの様子

今年の合い言葉は「Go for it(ゴー・フォー・イット)」で、それぞれの目標や夢を後押しする意味を込めたといいます。全員で歩く時間は約30分で、ステージでは、障がい者の子どもたちでつくるグループが、よさこいやダンスを披露。サッカーJ2・アビスパ福岡のスタッフとのボール遊びなども予定しています。

無料で誰でも参加できます。ぜひ参加してみてください。

過去のよかウォークの様子

よかウォーク with バディウォーク ふくおか 2018
日時:11月3日(土) 13:00開会式、13:30ウォーク、14:15アクティビティ、15:00閉会式
 ※小雨の場合は決行。雨天時は翌日に順延。
場所:海の中道海浜公園 子供の広場(福岡市東区西戸崎18-25)
料金:参加無料 ※入園料・駐車場代は別途必要
主催:よかウォーク実行委員会
ウェブサイトはこちら

※情報は2018.10.2時点のものです

海の中道海浜公園

関連タグ

この記事もおすすめ