「リトルマーメイド」が千秋楽!延べ37万8000人を動員

 キャナルシティ劇場で上演していたミュージカル「リトルマーメイド」が11月4日、千秋楽を迎えました。

 2017年8月に開幕して1年3カ月、劇団四季の長期公演活動の最初のロングラン公演として421公演、入場者数は延べ約37万8000人を動員。フィナーレを飾る特別カーテンコールでは、トリトン役の福岡県久留米市出身・芝清道さんは「この作品を愛し、育んでくださったすべてのお客様に感謝。これからも福岡・九州の皆様に演劇の感動を届けたい」とあいさつ。キャスト全員で拍手を贈る観客の歓声に応えていました。

 今後、劇団四季は同劇場で11月23日(金)から12月9日(日)まで創立65周年記念公演「ソング&ダンス65」、12月23日(日)から来年1月6日(日)までは「恋におちたシェイクスピア」を上演。来年3月24日(日)には、同劇場で約10年ぶりの上演となるミュージカル「ライオンキング」が開幕する予定です。

※情報は2018.11.6時点のものです

秋吉真由美

関連タグ

この記事もおすすめ