漕ぐのをやめると落ちてしまう!? VRで空中散歩【マークイズリポート】

 11月21日にグランドオープンした商業施設「マークイズ福岡ももち」(福岡市中央区地行浜)。4階でバンダイナムコアミューズメントが運営するVR体験コーナー「VR ZONE Portal FUKUOKA-MOMOCHI(VRゾーンポータル 福岡ももち)」へ行ってきました。

マークイズ福岡ももちの4階にあるnamco

 VRとはバーチャル・リアリティ(仮想現実)の略語。コンピューターの作り出した世界に入り込めます。

namcoのすぐ隣にある「VR ZONE Portal FUKUOKA-MOMOCHI」

 ここでは最新のVR体験ができます。体験できるのは、おなじみ「マリオカート アーケードグランプリVR(税込1,000円)」や、崖が切り立つ広大な雪山を猛スピードで急滑降する「スキーロデオ(1,000円)」、呪われた廃病院から脱出する「ホラー実体験室 脱出病棟Ω(オメガ)(1,000円)」などさまざま。あちらこちらから叫び声が聞こえてくるので、VR初体験の身としては体験前から手に汗が…。

外から見てもすでに怖そうな「ホラー実体験室 脱出病棟Ω」

 今回体験したのは「極限度胸試し ハネチャリ(1,000円)」。ぼろぼろの翼がついた人力飛行機にまたがり、山の頂上にあるゴールへ向かって自転車を漕いで飛行する世界を体験します。動きやすい服装で行くのがおすすめです。

「スキーロデオ」を楽しむ男性。時折悲鳴が聞こえてきます

 VRゴーグルを着けると、内部の画面に崖が現れます! 思わず心臓がひゅっとする高さです。ヘッドフォンも装着し、風の音が聞こえてくると臨場感が増します。スタートすると、先ほど眼前にあった崖の上に。下を見た瞬間、あまりの高さに思わず声が出てしまいました。実際には地上にいるのに、こんなにも怖いとは…。

今回体験した「極限度胸試し ハネチャリ」

 スタッフに従い、自転車を漕ぎます。漕げば漕ぐほど浮上する仕組みで、足を止めると落ちてしまうので必死です。トンネルをくぐったり、切り立つ岩をよけたりします。時折強風が吹いて、思ったように進めなくなることも。

「マリオカート」のコーナー

 最初は操作がおぼつかず、何度も落下して怖い思いをしましたが、慣れてくると周りの風景を楽しむ余裕も出てきます。

 時間の都合(と自分の力不足)で頂上にたどりつくことはできませんでしたが、初めてのVRで楽しい空中散歩を堪能でき大満足でした。

 グループでも遊べるので、“リアル”な非日常を楽しみに訪れてみては。

 

namco  VR ZONE Portal FUKUOKA-MOMOCHI
住所:マークイズ福岡ももち(福岡市中央区地行浜2-1-1 4階)
電話:092-834-3276
営業:10:00~21:00

※情報は2018.11.26時点のものです

マークイズ福岡ももち

住所福岡県福岡市中央区地行浜2-2-1
TEL092-407-1345
URLhttp://www.mec-markis.jp/fukuoka-momochi/

関連タグ

この記事もおすすめ