キリスト生誕博多人形、17年ぶりに展示。赤坂のモスバーガーで

地下街で披露後一時不明に 「今後は毎冬」
 イエス・キリスト誕生の場面を再現した博多人形の「クリスマス・クリブ」が、福岡市中央区赤坂の「モスバーガー赤坂けやき通り店」に飾られ、クリスマス気分の演出に一役買っている。同店をフランチャイズ経営する博多人形店・増屋(博多区)の先代田中寛さん(15年死去)が発注したもの。博多人形のクリブは珍しく、一般の目に触れるのは17年ぶりという。25日まで展示する。

店内に飾られた博多人形のクリスマス・クリブを見つめる田中哲さん

 クリブとは、馬小屋で生まれたイエスと、それを見守る母マリア、父ヨセフなどの人形を並べた模型。欧米では、クリスマス時期になると、教会の庭や街角などに飾られる。

 客席の一角に置かれたクリブは、星形の台座に乗ったイエスら親子を3人の賢者や羊飼いなどが取り巻く構図。博多人形ならではの素朴な表情が厳かな雰囲気を醸し出す。

 寛さんの息子で現社長の哲さん(57)によると、日本聖公会(英国国教会系キリスト教団体)の信徒だった寛さんが2000年、同会の依頼を受けて人形師に発注。計3セット作ったうちの1セットはイエスの生誕地ベツレヘム(ヨルダン川西岸)の博物館に寄贈され、現在はエルサレムで展示されているという。

 だが、手元に残したクリブは01年に天神地下街で展示されたものの、その後は倉庫の奥に片付けられ、行方不明に。14年春、増屋の倉庫内を整理した際に見つかり、生前の寛さんが展示を熱望していた。哲さんは「念願がかない、父も喜んでいると思う。これからは毎冬展示したい」と話している。

=2018/12/01付 西日本新聞朝刊=

※情報は2018.12.3時点のものです

西日本新聞

西日本新聞の朝刊・夕刊に掲載された記事の中から、ファンファン福岡的注目記事をピックアップ!

関連タグ

この記事もおすすめ