福岡市立簀子小学校 102年の歴史に「ありがとう」

102年の歴史に幕を下ろした福岡市立簀子小学校。

9月14日―。思い出に逢いに、思い出を語りに大勢が集まりました。卒業生も保護者、地域の方々も先生たちも、みんなで簀子小に「ありがとう」

「簀子(すのこ)」の由来

簀子とは、もともと江戸時代から昭和39年にかけて使われていた町名です。福岡城の北に位置し、東は大工町、西は湊町に連なる地域です。町名の由来は、この地の北の海中にあった大きな石と言われています。これを「簀子石」と呼んでいたことから、簀子町という名がついたそうです。海辺には、藩の年貢米を収蔵する倉庫がありました。廃藩後、その近くの紙役所、炭役所の跡地に誕生したのが簀子小学校です。

平成26年、市内で最も古い学校の一つであった簀子小学校の閉校によって、「簀子」の名を語る歴史がまた一つ姿を消しました。

(簀子公民館資料より)

 

9月14日、最後のお別れを言いに集まった人たちは、校舎や運動場など思い出の場所を訪ねました。

校長室。当時のソファがそのままに。歴代の校長先生とPTA会長の写真が歴史を物語っています。

教室、廊下、階段は檜作り。湿度が高い日も結露することなく子供たちを守ってくれました。ここでどれだけの子供たちが声をあげ、走り回りながら学校生活を満喫したことか。

 

飼育小屋は、90周年の記念事業として作られました。何と全てがお父さんたちの手作りなのです。あれから12年も経ったなんて思えないほど生き生きして建っています。

何千人の子供たちを新一年生として迎えた靴箱。10数年前の集中豪雨の時には、この靴箱の高さ半分以上が泥水にさらされました。その時も校区の人たちが総出で、一日も早く学校が元通りになるように大掃除してくれました。

イベント当日は、そうめん流しも振る舞われました。大喜びの子ども達が長蛇の列。

ちょっと久しぶりの子供たち、保護者の皆様と。

校区のみんな総出の手作り灯篭に火を灯すとき、一人一人の心にはどんな思いがあったのでしょう。

秋の日暮れとともに、幻想的に浮かび上がった簀子小学校の校章、校舎、そして102年の歴史を語る赤い灯。

灯篭には、一人一人の願いや思い出が綴られているのです。

今「簀子」の名を残しているのは、「簀子公民館」と「簀子」バス停の二つです。

 

簀子小学校を真ん中に、人情味あふれる人が集う簀子のまち―、熱き人の意思は健在です。我々はこれからもずっと、この地を「簀子」と呼び続けるでしょう。そして103年目を迎えた「簀子小学校」は、簀子を愛する人々の心の中に在り続けて「簀子のまちに生きるみんな」を見守ってくれるのです。

※情報は2014.9.22時点のものです

吉冨 文子(写真左)

小学校教諭。簀子小学校には平成12~18年度まで7年間勤務。簀子小時代は新1年生から6年生まで担任する傍ら、学校劇の指導を積極的に行い、全校の子供達から希望を募って毎年少年科学文化会館での発表会に出場。子供達が表現力をアップして舞台に立つ喜びを満喫する姿を見守った。簀子のまちが大好きで、今でも時折車で校区を巡ったり海沿いを散策したりしながら、子供達と過ごした日々や小学校を支えて一つになっていた校区の人たちを思い出す。たまに当時の保護者たちと一杯酌み交わす。子育て模様や子供の成長、お互いの近況を語り合うのが何よりの楽しみ。

関連タグ

この記事もおすすめ