「eスポーツ」2月に福岡で世界大会! 東京以外の開催は初

 世界最大規模の格闘ゲーム大会「EVO Japan 2019」が2月15~17日、福岡市の福岡国際センターで開かれる。デジタルゲームで競う「eスポーツ」の国際大会で、国内での開催は昨年の東京に次いで2回目。地方都市での初開催はeスポーツの普及に向けた試金石として注目を集めている。

 米ラスベガス発祥のEVOは世界トップレベルの選手が集結し、対戦は世界にネット配信される。昨年1月の東京大会には選手を含め延べ1万2千人超が来場した。福岡大会は「ストリートファイターV アーケードエディション」など人気6ゲームで予選、決勝が行われ、賞金総額1千万円に上る。

東京で開かれた「EVO Japan 2018」の大会会場 ©EVO Japan 2019

 大会は福岡市が誘致し、産官学組織の福岡地域戦略推進協議会(FDC)の会員企業・団体が運営ボランティアの確保や管理、選手の練習場所を準備するなど独自の支援で福岡でのeスポーツ普及を目指す。

 21日には東京で記者会見があり、実行委員会の藤澤孝史氏は「行政や地域、企業を巻き込んで(大会受け入れの)計画が練られている」と歓迎。高島宗一郎福岡市長は、市内ではゲームやアニメ製作に関わるコンテンツ産業が盛んな現状を踏まえeスポーツ発展の素地があると強調。「新時代を切り開く大会になると期待したい」と語った。

※情報は2019.1.22時点のものです

西日本新聞

西日本新聞の朝刊・夕刊に掲載された記事の中から、ファンファン福岡的注目記事をピックアップ!

この記事もおすすめ