博多祇園山笠の最古級現存遺物「宇賀神社のお馬さん」を守ろう!

 福岡市中央区大宮にある宇賀神社に、全長約2.4mの「お馬さん」の人形が奉納されていることをご存じでしょうか。

宇賀神社の拝殿に掲げられたお馬さん

宇賀神社の拝殿に掲げられていたお馬さん

 このお馬さんの胴体部分に1929(昭和4)年の「福岡日日新聞」が使われていることから、制作されてから今年で約90年を迎えるとみられています。しかも、このお馬さんは「博多祇園山笠」の飾り人形と同じ手法で作られていて、「博多祇園山笠」に関連する最古級の現存遺物でもあります。経年劣化により壊れかけていましたが、2016年に大規模な調査と修復が行われ、現在は立派に蘇りました。

2016年の修復後

2016年の修復後

 修復されたこのお馬さんを今後次世代に守り伝えていくためにクラウドファンディング【ユネスコ無形文化遺産・博多祇園山笠飾りと同制作手法による最古級人形 宇賀神社「お馬さん」をみて、知って、伝えて、プロジェクト】が西日本新聞のクラウドファンディングサイト「LINKSTART」で3月21日(木)まで進行中です。

 目標金額に達した場合の支援金は、次の通り活用されます。

  1. 宇賀神社への寄贈
  2. 「お馬さん」を記録した精密画「宇賀神社神馬像六面図」の印刷複製画を本プロジェクトの支援者に頒布するための費用
  3. 現在では希少となった手刷りの活版印刷の魅力を取り入れた完成度の高い美術作品として「お馬さんの精密画」を作成することで、本プロジェクトを支援していただいた方に活版印刷の魅力も広めるための費用

■募集期間:3月21日(木)まで
■目標金額:60万円

*支援者への頒布作品(一部)/イメージ画像

 このプロジェクトがウマくいくよう、みんなで協力したいですね! 詳しくは下記プロジェクトのサイトをのぞいてみてください。

ユネスコ無形文化遺産・博多祇園山笠飾りと同制作手法による最古級人形 宇賀神社「お馬さん」をみて、知って、伝えて、プロジェクト

※情報は2019.2.4時点のものです

この記事もおすすめ