博多リバレインで日本文化講座スタート 訪日外国人呼び込みへ

 福岡市博多区の商業施設「博多リバレインモール by TAKASHIMAYA」は4日、訪日外国人客(インバウンド)向けの文化講座を初めて開いた。

 今後、毎週月曜に開催し、和食の朝ご飯作りや機織り体験など、日本文化を楽しめるプログラムを用意。博多旧市街の観光拠点の一つとしてPRを図る。

博多リバレインの茅乃舎で、日本の朝ご飯作りに挑戦する参加者たち

 増加が続く福岡市の外国人旅行客を呼び込もうと、館内の店舗が日本人客向けに実施している文化講座の一部を、英、中国、韓国の3カ国語で体験できるようにアレンジした。

 この日、博多リバレイン内の調味料店「茅乃舎(かやのや)」であった講座には、まずは日本在住の外国人4人が参加。だし巻き卵や、みそとだしを一緒に丸めた「味噌(みそ)玉」の作り方を学んだ。筑紫野市のポーランド人エリザベス・チャプラさん(46)は「和食は健康的なので家でも実践してみたい」と話した。

※情報は2019.2.5時点のものです

博多リバレインモール

住所福岡市博多区下川端町3-1
URLhttp://www.hakata-riverainmall.jp/

西日本新聞

西日本新聞の朝刊・夕刊に掲載された記事の中から、ファンファン福岡的注目記事をピックアップ!

この記事もおすすめ