紫がテーマの着物を楽しむ 「絲衣司(いとごろものつかさ)紫物語」

  • 2019.3.7
  • 福岡市博多区
  • まちネタ
  • 開催期間: 2019.3.7 〜 2019.3.10

 “着物を着ることがもっとすてきに楽しくなるように”と、京都、東京、福岡の「和」の職人が立ち上げたグループ「絲衣司(いとごろものつかさ)」。一般の呉服店ではあまり見ることのない個性派の柄を描くなど、着物好きの要望に応える作り手です。

 この「絲衣司」が主催する「絲衣司紫物語」が3月7日(木)~10日(日)、はかた伝統工芸館(福岡市博多区上川端町)で開催されます。展示作品の販売や体験講習会(無料)もあります。

同展は、はかた伝統工芸館1階で開催

  今回で7回目を迎える同展。「紫」をテーマに、紫根(しこん)で何度も試行錯誤しながら染め上げた「こだわりの紫」の糸で織りなす着物や帯、小物など、伝統的な技と現代の新たなデザインを融合させた約100点の作品が展示・販売されます。

 京都爪掻(つめがき)本綴・京絞り、江戸古法友禅、博多織の技術が生かされた作品を見ることができるほか、有名作家が制作した希少な着物や帯を購入することもできます。

会場内には、有名作家による「紫」をテーマにした数々の作品が並ぶ

 期間中は、着付講師、木耶(きや)ラさんの「魔法の親指 体験講習会」が毎日開催されます。着くずれしないための着付けのポイントとして、長襦袢(じゅばん)の襟元の着付けを学びます。

 洋服の上から着付けるので、気軽に参加することができます。

目からウロコの着付けが学べる長襦袢の着付け講座

目からウロコの着付けが学べる長襦袢の着付け講座

 

絲衣司紫物語
日時:3月7日(木)~10日(日) 10:00~18:00(※最終日16:00まで)
会場:はかた伝統工芸館 1階(福岡市博多区上川端町6-1)
入場:無料
★木耶ラの着くずれない着こなし方法 「魔法の親指体験講習会」 
時間:開催期間中の 15:00~18:00
定員:5人(各日) ※先着順で受け付け
料金:無料
主催:絲衣司
問い合わせ: はかた伝統工芸館
電話:092-409-5450
詳しくは公式ホームページ

※情報は2019.3.7時点のものです

はかた伝統工芸館

住所福岡市博多区上川端町6-1
TEL092-409-5450

この記事もおすすめ