モンベルが手掛けた初のキャンプ場が那珂川市五ケ山にオープン!

 “自然が近いのが魅力”と言われる福岡市。その近郊にまた一つ、魅力的なアウトドアスポットが誕生しました。

 アウトドア用品メーカー「モンベル」(大阪市)が手掛けた初のキャンプ場「モンベル五ケ山ベースキャンプ」が3月29日(金)、福岡県那珂川市五ケ山にオープン。ベッドやシャワー室を備えたモンベルオリジナルの大型テントや、ペットを放せる囲い付きのキャンプサイトなどがあり、さまざまな楽しみ方ができるのが魅力です。昨年完成した「五ケ山ダム」のそばにあり、「登山やサイクリング、いずれはダム湖でカヤックなど、自然体験の拠点にしてほしい」とモンベル担当者。どんな場所なのか、早速泊まってみました。

ベッドやシャワー室を備えたモンベルオリジナルの大型テント

 福岡市の中心部から車で南へ約50分。曲がりくねった山道を進むと、佐賀県吉野ケ里町との県境近くに、五ケ山ベースキャンプが見えてきます。キャンプ場があるのは、ダムの東側。周囲は脊振山系の山に囲まれています。

 キャンプ場の面積は約4haで、高さ約8mのクライミングの塔が目を引きます。キャンプサイトは、常設テントが並ぶサイト(10区画)のほか、車を横付けできる電源付きのサイト、犬用の囲いがあるサイト(6区画あり1区画平均11m×11m)、フリーキャンプサイト(20区画)など。5分間100円で使えるシャワー棟、温水も出る水場、子ども用トイレなど、施設も充実しています。

山小屋風の外観がおしゃれな管理棟

 管理棟は山小屋風の外観。テントや寝袋、コンロなどを有料で貸し出しているほか、雨具や防虫スプレーなどのアウトドア用品、洗面用具、子どもの遊び道具などを販売しているので、ザック一つで出掛けても快適にキャンプが楽しめそうです。

 

モンベルが開発した新型テントに宿泊

 今回泊まったのは、モンベルが開発した「ウォールテンテッドキャンプ」という名前のテントで、実際に使われているのはまだここだけ。壁2面はコンクリート製で、その他の壁や天井は布でできています。

モンベルが開発した「ウォールテンテッドキャンプ」

 38㎡のテントの内部には、ベッドやソファ、暖炉、ウォシュレット付きのトイレ、シャワー室など、ビジネスホテル並みの設備があり、キッチン・ダイニングスペースは、壁の布が開け閉めできます。

壁の布を開け閉めできるキッチン・ダイニングスペース。調理器具も常備されています

(奥から)シャワー室、トイレ、洗面スペース

 自宅のような快適さを備えつつも、天井や壁は布製なので外の空気を感じられるのが魅力です。

あくまでテントですが、内装はホテル並み

 

ダム湖周辺をサイクリング

 一息ついたら、サイクリングへ出発! 今回は、アップダウンの少ないダム湖周辺の約9kmを走ることにしました。自転車は、モンベル製のロードバイク「シャイデック」。車体が軽く、ギアが細かく上げ下げできるので、上り道でも楽に走れます(※ロードバイクは近くのモンベル福岡五ケ山店で有料で借りられます)。

奥に見えるのが五ケ山ダムの堤防

 ダムの堤防の上を走ったり、地元の人気店「五ケ山豆腐」に立ち寄ったり、ダム湖に沈んだ集落から移植した大木を見たり・・・。モンベル広報担当者いわく「ダム湖でカヤックが体験できるよう準備を進めています。ダム湖の中にある浮島までカヤックで行って、そこで昼食を食べるプランも計画中です」とのこと。楽しみです!

 

初心者も楽しめるクライミング

 キャンプ場に戻ったら、次はクライミングを。塔の高さは約8m、壁は4面あり、難易度に合わせて楽しめます。

青空の下のクライミングは爽快です

 (手前に傾斜した)オーバーハングの壁もありますが、ホールド(手足をかけるところ)が大きく持ちやすいので、子どもや初心者にもオススメ。開放感たっぷりで、登りきったら爽快です。

 

那珂川市の食材を使った夕食

 この日の夕食は、那珂川市の野菜をふんだんに使ったアヒージョに、地鶏の炭火焼き、五ケ山豆腐の厚揚げのステーキなど(※キャンプ場で食事の提供や食材の販売はしていません)。キャンプ場で貸し出しているバーバキュー用コンロで作っていきます。

那珂川市の野菜を使ったアヒージョ

地鶏の炭火焼きは、焼いている香りもたまりません!

 おいしい料理、夕暮れの山の景色、そして燗をつけた日本酒・・・。至福のひとときとはまさにこのことですね。

夕暮れ時のフリーキャンプサイト

 食事のあとは、たき火をしながら星空を見上げ、さらに日本酒を。しばらくすると雨が降ってきたので、部屋に入って暖炉に火を付け、布の天井に落ちるボツボツという雨音を聞きながら眠りに就きました。

冷え込む夜間にありがたい暖炉

 

朝食は地元で人気のベーグルサンド

 ベッドのおかげか暖炉のおかげか、翌朝の目覚めはすっきり。朝食は那珂川市で人気のベーグルの店「NANA CAFE(ナナカフェ)」のベーグルサンドと、手づくりのクラムチャウダー、そしてコーヒーを。

スモークサーモンが入ったnapanのベーグルサンド(手前)と手づくりのクラムチャウダー

 こちらの食器は、モンベルで販売しているフィンランドのブランド。屋外では普段、チタン製の食器を使っていますが、こういう食器を使うとおしゃれな感じになりますね。

 キャンプの締めは、クライミングで。山の空気と景色を存分に味わいました。

クライミング塔上部からの眺め。(右から)管理棟、ウォールテンテッドキャンプサイト、フリーキャンプサイトなど

 週末にちょっとリフレッシュしたいときにぴったりのモンベル五ケ山ベースキャンプ。皆さんもぜひ足を運んでみませんか?

 

周辺情報:モンベルの新店も同時オープン

 キャンプ場の開業日には、ダムの北側にモンベル福岡五ケ山店も同時オープン。こちらはロードバイクやカヤック(準備中)の貸し出し・受付拠点となる予定で、建物内にはシャワールームもあります。

 今後少しずつ魅力的なエリアになっていきそうな五ケ山エリア。周辺には、五ケ山豆腐やNANA CAFEなど、モンベルの会員カードを提示すると特典が受けられる「モンベルフレンドショップ」もあり、巡ってみるのも楽しそうです。

モンベル福岡五ケ山店が入る建物

 

<旅のメモ>
モンベル五ケ山ベースキャンプ
住所:福岡県那珂川氏五ケ山461-1
電話:092-408-1711(キャンプ場営業日の10:00~17:00)
火曜休(祝日、4月27日~5月6日、7月1日~8月31日は除く)
※食事の提供、食材の販売はしていません。

ウォールテンテッドキャンプ(10区画)
料金:2人で利用する場合/3~11月は税別1万3,000円、12~2月は1万円
 ※3歳未満は定員に含まない
チェックイン/14:00~19:00
チェックアウト/8:00~11:00

クライミング
料金:税別600円(1回3トライ)
受付:11:00~16:00
※小学生以上

モンベル福岡五ケ山店
住所:福岡県那珂川市五ケ山1397-46
営業時間:10:00~19:00

レンタサイクル
料金:4時間税込み2,300円~
受付:10:00~19:00
※モンベル福岡五ケ山店で貸し出し

※情報は2019.3.27時点のものです

モンベル五ケ山ベースキャンプ

住所福岡県那珂川氏五ケ山461-1
TEL092-408-1711

なかやま

この記事もおすすめ