「ライオンキング」 約10年ぶりの福岡公演開幕 キャナルシティ劇場で

 キャナルシティ劇場(福岡市博多区住吉)で3月24日、劇団四季のミュージカル「ライオンキング」が開幕しました。

開幕前日に行われた公開リハーサルの様子

開幕前日に行われた公開リハーサルの様子

「サークル・オブ・ライフ」という壮大なテーマで描きます

ヤングシンバが引っ張る1幕

 国内では1998年12月に東京で初演されて以来、20年にわたるロングランを続けており、全国5都市で延べ9公演を実施。国内では通算1万1,800回の公演回数を記録、約1,200万人以上の観客動員数を誇ります。福岡での公演は約10年ぶり、3度目です。

ヤングシンバとヤングナラ

ヤングシンバのナンバーも

 「サークル・オブ・ライフ(生命の連環)」という壮大なテーマの中、アフリカ・サバンナを舞台に、ライオンの子・シンバの成長を描きます。動物たちの躍動感が表現された衣装や動き、大型トラック約50台分の資材で作り上げた舞台は圧巻で、同作の象徴でもある高さ4mのプライドロックが登場するオープニングから壮大な世界観が体感できます。

ティモンとプンバァの博多弁の掛け合いも見どころ

 “博多弁”を話す、ミーアキャットのティモンとイボイノシシのプンバァが登場すると会場が笑いに包まれる場面も。動物たちの迫力とともに、思わず目尻が下がる笑えるシーンがあるのも同作の魅力です。

迫力たっぷりにシンバが登場

熱く歌い上げる場面も

 「高校生の時に初めて観劇し、俳優を目指すきっかけになった作品。私が受けた衝撃と感動を、福岡・九州の皆様に届けたい」とシンバ役の山下啓太さん。オーディションと厳しい稽古を乗り越えた子役たちも、見事に元気なヤングシンバとキュートなヤングナラを演じています! 

高さ4mのプライドロックも舞台の主役

名曲と圧巻のダンスは一見の価値あり

 ぜひ劇場で、サバンナの空気を感じてみてください!

ディズニーミュージカル『ライオンキング』福岡公演
開幕:3月24日(日)
会場:キャナルシティ劇場(福岡市博多区住吉1-2-1)
料金:S席 税込み1万800円、A席 8,640円、B席 6,480円、C席 3,240円
   〈ファミリーゾーン〉S席 子ども5,400円、A席 子ども4,320円
   ※子どもは3歳以上、小学6年生以下
   ※公演当日3歳以上有料(膝上観劇不可)、2歳以下の入場不可
   ※託児サービス有り(有料)
主催:西日本新聞社、福岡商工会議所、劇団四季
問い合わせ・電話:〈劇団四季 予約センター〉0120-489444(10:00~18:00)
インターネット予約は公式サイト(24時間受付)

※情報は2019.4.8時点のものです

キャナルシティ劇場

住所福岡市博多区住吉1-2-1キャナルシティ博多ノースビル4F
URLhttp://canalcity.co.jp/

秋吉真由美

この記事もおすすめ