福岡を本の街に☆BOOKUOKA(ブックオカ)2014 10/22~11/22 

合言葉は「福岡を本の街に」

 

福岡の書店員、編集者たちが集まって開催する「ブックオカ2014」が10月22日、スタートしました!今年で9年目を迎えた「ブックオカ」。11月22日までの期間中、福岡市を中心に本にまつわる多彩なイベントが繰り広げられます。

 

ただいま、福岡市を中心に福岡県内と熊本県北部の約50書店では「激オシ文庫フェア」を開催中!本のことを知り尽くした書店員さんが、実際に読んで、泣いて笑ったオススメの文庫が、推薦文つきの特製帯付きで勢ぞろいしています。今年のテーマは「福岡ゆかりの作品」。福岡ゆかりの作家、福岡が舞台の作品などが集まっています!

表紙の写真は、赤坂2丁目のブックスキューブリックの書店員さんたちが選んだ「激オシ文庫」。

表紙の写真は、赤坂2丁目のブックスキューブリックの書店員さんたちが選んだ「激オシ文庫」。

しかも!!

文庫を購入すると、ブックオカ特製文庫カバーがついてきます!毎年恒例の人気企画ですが、今年のカバー画を手がけているのは、福岡を拠点に活動し、『傷痕』(桜庭一樹/講談社)、『天使エスメラルダ:9つの物語』(ドン・デリーロ/新潮社)などの装画でも知られる画家、田中千智さん。期間中、配布書店で文庫本を購入した方には、もれなくついてきます!(数には限りがありますのでご了承ください)

文庫カバーは2種類。さっそく購入しました!

文庫カバーは2種類。さっそく購入しました!

メーンイベントの「一箱古本市inけやき通り」は、11月2日(日)11:00~16:00(雨天時は3日)、福岡市中央区のけやき通りで開催。一般から募った出店者100人の思い思いの青空古本市が楽しめます。

 

ほかにも、作家のトークショーや講演会などイベントが盛りだくさん。

読書の秋が似合う福岡で、素敵な本との出会いをお楽しみください。

 

イベントの詳細などは、www.bookuoka.com

 

 

※情報は2014.10.22時点のものです

ブックオカ実行委員会

TEL090-6425-6711(ブックスキューブリック内)
URLhttp://bookuoka.com/

この記事もおすすめ