『75人のパリジェンヌ』アンスティチュ・フランセ九州で写真展開催中!

Clémence Krzentowski,
Trocadéro, 16e arrondissement, 2010

『ELLE』や『WAD』でファッションスナップを手がけるフランス人写真家ボードワン・ヴァンクレール氏(1977~)の写真展『75人のパリジェンヌ』(75 Parisiennes)が、福岡市中央区大名2丁目のアンスティチュ・フランセ九州で開催されています。11月14日まで。入場無料。

 

テーマは「パリジェンヌ」。言葉通りの意味では「パリに暮らす女性」ですが、『パリジェンヌ』という言葉の響きには、普遍的なスタイルとエレガンスを備えた憧れの女性のイメージ、洗練された女性を象徴するような意味が込められている気がします。この写真展は、そんな「パリジェンヌ」たちの素顔を楽しむことができる展覧会です。

 

会場には、ボードワン氏が撮影した75人のパリジェンヌがずらり。恥ずかしがり屋の小学生から、一人暮らしのマドモワゼル、物憂げなマダムまで、個性的で魅力的なパリジェンヌたちの素顔が楽しめます。(※「75」という数字は、パリ市の郵便番号に由来するそうで、パリを示す番号でもあるそうです)

Alice Bureau,Invalides, 7e arrondissement, 2012

Alice Bureau,Invalides, 7e arrondissement, 2012

 

"Delphine

Delphine Pariente, République, 3e arrondissement, 2006

 

"Marine

Marine Dorfmann,Belleville, 10e arrondissement, 2008

 

"Mireille

Mireille Sueur,Marais, 4e arrondissement, 2012

年齢も職業も居住エリアも異なるパリジェンヌたちの、それぞれのライフスタイル。自分や身の回りの友人の部屋と比べながら見るのも楽しいですよ♪

※情報は2014.10.28時点のものです

アンスティチュ・フランセ九州

住所福岡市中央区大名2丁目12-6 BLD.F
TEL092-712-0904
FAX092-712-0916
URLhttp://www.institutfrancais.jp/kyushu/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ