やずやが本屋を開店! 「健康」中心に1万2,000冊

 健康食品通販の「やずや」(福岡市)は15日、同市南区大楠にカフェや個室付きの会員制ラウンジを備えた書店「やず本や」をオープンする。元本社として使っていた自社ビルを改装。地域との接点を増やし、自社商品の認知度向上も狙う。

読書や勉強ができる「やず本や」の会員制ラウンジ =福岡市南区

1階は書店で、健康や食を中心に約1万2,000冊をそろえた。本のテーマに沿った自社商品を傍に置き、併設のカフェでは青汁も販売する。2、3階は会員制フロアで、勉強や作業に集中できるよう個室20室も用意。会員のほか、書店の客も本の購入金額に応じて利用できる。

 臼杵修店長は「本に触れて新たな発見や知識と出合い、心の健康につなげてほしい」と話した。

=2019/06/15 西日本新聞=

※情報は2019.6.17時点のものです

西日本新聞

西日本新聞の朝刊・夕刊に掲載された記事の中から、ファンファン福岡的注目記事をピックアップ!

この記事もおすすめ