天神に遊園地? 360度の3D映像を体験する「4D POD!!」が登場

 天神に遊園地ができた!? 7月にノース天神(福岡市・天神)にできた常設型の4Dアトラクションシアター「4D POD!!(フォーディー ポッド)」。短い時間で気軽に楽しめる“遊園地”のような施設と聞いて、早速行ってきました。

 やってきたのはノース天神5階の「eスタジアム福岡」。eスタジアム福岡はeスポーツを楽しむ施設で、4Dポッドはその入り口付近にあります。

「eスタジアム 福岡」の入り口すぐ左手にあります

 中に入ると、円形の台座の上に10個の椅子があり、台座の周りは360°スクリーンに囲まれています。3Dメガネを着けることで、映像が目の前に飛び出すような感覚を楽しみながら作品を鑑賞できます。

 施設を運営するエンターフォース(福岡市)の社長・池田浩士さんが案内してくれました。このシステムを開発したのは、福岡市に本社を置く「ピー・ビーシステムズ」。スクリーンのサイズに合わせて製作された専用の映像を複数のプロジェクターで投影しているといいます。全国各地に同様のスクリーンを導入し、人気アニメとコラボレーションした映像なども製作しているそうです。

 4Dポッドで上映している作品は、長いものでも10分程度で、全て税込み500円(今後変更の可能性あり)。池田さんは「買い物の途中などでも気軽にふらっと寄ってほしいです。少し待てばすぐに次の作品が始まるので、いつ来ても何かしら見られるようにしています」と話します。

雰囲気たっぷりの「恐怖列車」

 「とりあえず体験してみましょう!」と池田さんに笑顔で勧められ、「恐怖列車」というホラー作品を見ることに。ホラーが苦手なので一番怖くない席を探そうとしましたが、周りは全てスクリーン…。「どこを見ても飛び出してきますよ」と言われ、始まる前から涙目です。

端から見ていると面白く見えてしまいますが、本人たちは必死です

 覚悟を決めて座ると、上映開始の合図とともに室内は真っ暗になり、あっという間に「恐怖列車」の世界に引き込まれます。遠くの方から聞こえる踏切の音、夕暮れの駅…。

 「いろんなところにいろんな物があるので、見渡してみてくださいね」と言われ、恐る恐る後ろを振り返ると少し遠くでうごめく何かが見えます。怖い。

 物語は、地獄行きの幽霊列車の中で展開します。 台座が振動したり風が出てきたりするので、実際に列車に乗っているような感覚に。最終駅にたどり着くまで息をつく間もなく恐怖体験に襲われます。「ホラー、すごく苦手なんです」と言っていた隣の席の男性は終わった頃には腰を抜かしていました。気持ちはよく分かります。

「腰が抜けて…」

 ネタバレになってしまうので、詳しく言えないのがもどかしいのですが、列車が落ちていく瞬間などは本当に「終わった…」と思ってしまうくらいの迫力があります。

子ども向けの作品もあります

 ホラー作品の対象年齢は12歳以上ですが、年齢制限のない作品もあります。大迫力の映像美で和の雰囲気たっぷりの作品「NINJA‐忍‐」などは訪日外国人旅行客に大人気だとか。子ども向けの作品も充実していて、「アクアワールド」は、まるで海の中で冒険したり、恐竜と一緒に遊んだりしているような気分になれます。
 今後も上映作品を増やしていくそうなので、いつ訪れても新鮮な気持ちで楽しめそうですね。

 

4D POD!!
住所:福岡市中央区天神4-3-20 ノース天神5階 eスタジアム福岡内
電話:092-725-1121
営業:10:00~22:00
月曜休(祝日の場合は営業)

※情報は2019.8.14時点のものです

ノース天神

住所福岡市中央区天神4-3-20
TEL092-739-0700
URLhttp://north-tenjin.com

やはた

この記事もおすすめ