大川市で「ネコ家具」新作4点公開&展覧会「ネコ家具LAB!!」

 大人気「ネコ家具」の新作4点が、“家具のまち”福岡県⼤川市の特設ホームページで公開されました!
 2017年10⽉に初めてネコ家具の動画を配信して世界中から注⽬され、今年で3年目。新作のビジュアルと、手掛けた家具職⼈へのインタビューやWeb動画などが披露されています。
 実物は、「第70回⼤川⽊⼯まつり」<10⽉12日(土)~14日(月・祝)>内の展覧会「ネコ家具LAB!!」に登場します。

【Gouge】W800×D400×SH148×H310(mm)

酒見椅子店 【Gouge】 W800×D400×SH148×H310(mm)

 今回の動画では、旧作のネコ家具の制作⼯程が紹介されています。
 さらに展覧会「ネコ家具LAB!!」では、実際に新旧ネコ家具11点を間近で見られる予定。その内5点(新作1、旧作4点)は家具を分解したパーツが展⽰されます。
 家具職⼈から⼯芸の技やこだわり、制作秘話を聞くこともできます。

<新作ネコ家具4点紹介>

酒⾒椅⼦店 【Gouge】
 職⼈製作にこだわったデザイン力を発信。設計⽴体のデータ化を進め国内外からの要望に応えています。
 今回のネコ家具ソファは、硬質なフォルムに柔らかなクッションブロックが特徴。小さなクッションブロックは、⼈間サイズと異なる細やかな⼯程が必要です。

桐⾥⼯房  【tokoベッド】
 代表者は、⼤川の匠(⼤川市認定の卓越した技能を有する家具職⼈)8人のうちの一人。「⼀⼈⼀品製作」スタイルです。
 今回のベッドは、総桐の床板にサーモウールを組み合わせて完成。全体の曲⾯がなめらかにつながるデザインで、どこから⾒てもきれいに⾒えるように曲がり具合が調整されています。

【tokoベッド】W605×D805×H195(mm)

【tokoベッド】 W605×D805×H195(mm)

貞苅産業  【暁・ソファ】
 畳ベッドの製造メーカー。健やかで⼼地よい暮らしを提案する家具を提案しています。木工小物も人気です。
 今回のソファでは、和の知恵であり日本文化の美意識“畳”と、洋の機能である実⽤的な“ソファ”を融合させました。天然杢(ウォールナット)を使用。畳部分は和紙でコーティングし耐久性を高めました。人間サイズ同様、分解が可能です。

【暁・ソファ】W733×D475×H430×Sh190(mm)

【暁・ソファ】 W733×D475×H430×Sh190(mm)

境⽊⼯ 【階段箪笥(たんす)】
 創業明治40年創、境熊吉が創業。日本の職人技を民芸品にも発揮。現在は海外にも事業所を展開しています。
 今回の箪笥は、⼈間サイズでさえ精巧な技術を要するからくり箪笥で、本体と引き出しをぴったり合わせるため時間をかけ細やかな調整を施されています。 ※展覧会「ネコLAB!!」では「引き出し」の中の“からくり“を公開

【階段箪笥】W480×D640×⾼さ1段⽬200・⾼さ2段⽬380(mm)

【階段箪笥】 W480×D640×⾼さ1段⽬200・⾼さ2段⽬380(mm)

ネコ家具LAB!!
⽇時:10⽉12⽇(土)~14⽇(月・祝)9:00~18:00
住所:第70回 ⼤川⽊⼯まつり会場内 ⼤川産業会館2階(福岡県⼤川市⼤字酒⾒2213)
問い合わせ:大川市インテリア課
電話:0944-85-5570

※情報は2019.10.3時点のものです

ネコ家具LAB!!

住所福岡県⼤川市⼤字酒⾒2213
TEL0944-85-5570(大川市インテリア課)

この記事もおすすめ