伊集院静原作の映画「駅までの道をおしえて」18日公開!

 愛犬の帰りを待ち続ける少女と、先立った息子との再会を願う老人の話を描いた、直木賞作家・伊集院静さんの短編小説「駅までの道をおしえて」が映画化に。10月18日(金)から公開されます。

 “今最も注目される子役”の新津ちせさんが主人公の8歳の少女サヤカを演じ、ヨーロッパなどで長く活躍している俳優で演出家の笈田ヨシさんがサヤカの年の離れた友人・フセ老人を演じます。

サヤカ(左)とフセ老人の心の交流を描いた物語

 10年後のサヤカのモノローグとして、声の出演で有村架純さん。サヤカの両親や伯父夫婦、祖父母などにも名だたる俳優陣が名を連ねます。

 サヤカは、赤い電車が通る海辺の街で愛犬・ルーと仲良く暮らしています。いつも一緒の1人と1匹でしたが、サヤカが数日間臨海学校へ出掛けている間に、ルーがいなくなってしまいます。いなくなったことを受け入れられないサヤカは、いろんな場所を探すのですが、ルーは見つかりません。

愛犬・ルーといつも遊んでいたサヤカ

 探すうちに、昔ルーに導かれて見つけた廃線になった線路の残る原っぱで、ある1匹の犬と遭遇し、数日後その犬が古ぼけたジャズ喫茶の前につながれているのを見つけます。頑固そうな喫茶店の店主・フセ老人が教えてくれた犬の名前は「ルース」でした。

喫茶店でフセ老人と出会うサヤカ

 フセ老人もまた、数十年前に失った息子への思いをずっと抱え続けていました。同じような喪失感を抱える2人はルースを通して少しずつ絆を深め、ある日、赤い電車に乗って海へと向かいます。

海へ行く2人と、ルース

 映画は、前半はセリフが少なく、特徴的なピアノのBGMと表情で物語が進みます。8㎜フィルムで撮られたかのような映像に、有村さんのやわらかい声と優しい語り口が重なり、まるで絵本を見ている感覚に。

 色の印象が強く残る映画で、夏の海なのにどこか寒々しく悲しく見えるシーンはぜひ注目してほしいです。

どこか寂しく、でも温かくなるお話です

 メガホンを取った橋本直樹監督が、飛行機の中で読んだ原作小説に「涙が粒ではなく面で流れた」と感銘を受け、「具体的に何と言い表すことができないが、とても大事なことが描かれている」と映画化に取り組んだといいます。

 毎日を大事に過ごすことや、別れと出会いについて優しく温かく描いた映画です。劇場へ足を運んでみて。

 

駅までの道をおしえて
10月18日(金)公開
©2019 映画「駅までの道をおしえて」production committee

※情報は2019.10.15時点のものです

やはた

この記事もおすすめ