100号記念イベント「ファンファン福岡フェスティバル」リポート

 ファンファン福岡は10月25日号で100号を迎えました。発行を記念し「100号記念イベント ファンファン福岡フェスティバル」を10月25日、福岡市・天神で開催。約300人のお客さんが来てくれました。その様子をリポートします♪

大相撲九州場所魅力発見トークショーの様子

 ステージイベントの「大相撲九州場所魅力発見トークショー」には、九州場所を前に福岡市入りしていた三保ヶ関(みほがせき)親方と福岡市で活躍しているタレントで、“スージョ”(相撲好き女子のこと)の井上志帆子さんが登場しました。

軽妙な語り口の三保ヶ関親方

 井上さんが相撲にハマったきっかけは、近所を散歩している時にたまたま近所の部屋の朝稽古を見たからだそうです。「近くで見ると本当に面白くて! 体中砂だらけになっている姿を間近に見られるのはなかなかレアだと思います」と井上さん。

笑いの絶えないトークショーでした!

 井上さんが見学したのは、現在は高安関などが在籍する田子ノ浦部屋(現在見学は後援会員優先)。三保ヶ関親方は「部屋によって雰囲気や稽古の内容が全然違うんですよ。井上さんが見学したときは和やかだったということで、当たりでしたね」と笑います。

 井上さんからは、ほかにもスージョならではの質問が飛び出し、三保ヶ関親方から相撲界の話を聞くことができました。

四股を踏む 相撲協会キャラクターの「ひよの山」

 日本相撲協会のホームページで連載されているコミック「ハッキヨイ!せきトリくん」のキャラクター「ひよの山」も会場に駆けつけてくれ、親方が関連グッズを紹介する一コマもありました。ひよの山はスージョからの人気も絶大で、カメラを向けると四股(しこ)を踏んでくれました。

おいしそうなタイ料理に思わずおなかがなっちゃいます

 次のステージ「第2回タイラバー講座」では、前回のフェスでも人気だったタイ・バンコクのグルメや新スポット情報を、旅の達人が現地で撮影した写真を見せながらトーク。おいしそうなタイ料理の写真に思わずお腹が鳴りました。

 タイのレジャー施設の情報なども飛び出して、タイのイメージががらっと変わるトークショーでした。

 ブースコーナーも人気。タイ国政府観光庁ブースではフェスティバル参加者の事前申込者先着50人にヤマモリのマンゴーカレーがプレゼントされました。

マンゴーカレーのプレゼントやタイについて紹介♪

 福岡市交通局ブースでは「はやかけん」誕生10周年を記念した特別デザインの地下鉄ICカード「10周年記念はやかけん」が50枚限定で販売されました。

限定デザインのはやかけん

 

 駅のマークやちかまるが配されたかわいらしいデザインで、1枚2,000円(デポジット500円、チャージ1,500円)。滅多に買う機会がないということで、みなさん興味津々でした。

肌診断の結果にドキドキ

 化粧品メーカー「シーボン」のブースでは、無料の肌診断が行われ、診断後には化粧水などのサンプルがもらえました。10分ほどで測ってもらえるので、気軽に試す人で列ができる時も。

あっさりした甘さでつい口に運んでしまう「たべるシールド乳酸菌ショコラ」

 事前申し込みをした人に配られた森永製菓の「たべるシールド乳酸菌ショコラ」は、森永乳業が保有する数千株から選ばれた「シールド乳酸菌®」が1袋(50g)に100億個入った新商品で、おいしく手軽に乳酸菌が補給できるそうです。溶けにくく、べたつかないので、仕事の合間につまむのにもいいのです。

限定Tシャツも販売された「いのちスケッチ」ブース

 ほかに福岡県大牟田市の動物園を舞台に描いた映画「いのちスケッチ」や、福岡で人気のカレー2店舗が監修する「おうちカレー」の販売ブースも。

 ウオーキングで健康ポイントをためると特典などがある健康アプリ「ふくおか散歩」ブースは、1,000ポイントがもらえる特典を用意していました。

「おうちカレー」の販売ブース

 フェスティバルの最後は抽選会で締めくくり。目玉商品はなんといっても「佐賀⇔西安」の直行便往復航空券(提供:佐賀県)です。井上さんがプレゼンターも務めてくれて、抽選の番号を読み上げるたびに歓声が上がっていました。

井上さん(右)がプレゼンターを務めた抽選会も大盛り上がり

 多くの人が訪れてくれたファンファンフェスティバル。次回の予定は未定ですが、さらなる盛り上がりをご期待ください♪

※情報は2019.11.15時点のものです

やはた

この記事もおすすめ