季刊「のぼろ」冬号 絶賛発売中♪

九州の山登り専門誌「季刊のぼろ」の第3弾「冬号」が絶賛発売中です!

今回の特集は「そうだ、低山へ行こう!」。高い山ではなく、身近にある低山の楽しみ方の情報が満載です。

山登りの初心者でも楽しめる九州各地の低山をご紹介。

もちろん、銀世界の雪山の情報もたっぷり載っています!

風頭の岩場から関門海峡を望む。遠景右手は皿倉山

風頭の岩場から関門海峡を望む。遠景右手は皿倉山

宇土半島の西端にある三角岳は天草諸島の展望台

宇土半島の西端にある三角岳は天草諸島の展望台

九州には本当に低山が多いですね。

気持ちよく晴れた休日、「そうだ!山へのぼろ」と思い立って、すぐに実行できるのが九州の魅力。

「のぼろ」では、さまざまな角度から低山との新しい付き合い方、楽しみ方を提案しています♪

樹氷越しに望む氷結した御池。中央のピークは中岳

樹氷越しに望む氷結した御池。中央のピークは中岳

華やかで、神々しく光り輝く冬山も魅力的です!

氷結した滝と樹氷の競演。四天王寺滝。霊峰・英彦山の冬の名所

氷結した滝と樹氷の競演。四天王寺滝。霊峰・英彦山の冬の名所

美しい冬山の景色や楽しく登れる身近な低山…。

冬の「のぼろ」もぜひお楽しみください♪

 

 

※情報は2013.12.17時点のものです

西日本新聞社出版部

TEL092-711-5523
その他
体裁 A4判変型、144ページ
定価 1000円(税込み)

この記事もおすすめ