【訃報】福岡市動物園オランウータン「ユキ」(メス、45歳)が死去 19歳メス「ドーネ」は一般公開開始

福岡市動物園のボルネオオランウータンの『ユキ』(メス:推定45歳)が9月4日、亡くなりました。7月には、イケメンゴリラ「ヤマト」が一般公開を直前にして亡くなりましたが、残念でなりません…。ボルネオオランウータンの寿命は35~40年(推定)だそうで、そう考えると天寿を全うしたのかもしれませんが、本当に残念ですね。福岡市動物園のオランウータン舎前には、温厚な性格で多くの人に愛されたユキの死を悼み、13日(日)まで献花台が設置されています。

 

ユキが亡くなった翌日(5日)、7月にいしかわ動物園から来園したメス「ドーネ」が一般公開されています。

福岡市どう映苑のオランウータン「ドーネ」

福岡市どう映苑のオランウータン「ドーネ」

ユキの死亡により、福岡市動物園で飼育しているオランウータンはオス『ミミ』(推定46歳)とメス『ドーネ』(推定19歳)の2頭となりました。現在は別々の場所で生活していますが、年内を目標に繁殖目的で同居させるようです。ユキの分まで、ドーネには元気に長生きしてもらいたいですね。

 

※情報は2015.9.6時点のものです

福岡市動物園

住所福岡市中央区南公園1番1号
TEL092-531-1968(総合案内所)
URLhttp://zoo.city.fukuoka.lg.jp/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ