新春 三味線ショー!浅野祥さん(2/1大濠公園能楽堂)

津軽三味線全国大会で史上最年少優勝の天才三味線奏者・浅野祥さんの「新春三味線ショー!」が2月1日、福岡市中央区の大濠公園能楽堂で開催されます。

浅野さんは仙台市出身の23歳。5歳のときから三味線を始め、津軽三味線全国大会で数々の最年少優勝記録を更新、16歳で全国大会3連覇を果たし、殿堂入り!という、素晴らしい経歴の持ち主です。「平成の天才奏者」といわれ、現在は、民謡や古典芸能はもちろん、石川さゆりさんやオレンジレンジ、早乙女太一さんとの共演、ワハハ本舗全体公演や中洲ジャズに参加など、ジャンルを超えて活躍の場を広げています。

今回は、津軽じょんから節のほか、リベルタンゴやオリジナルの「ソング・フォー」など10数曲を演奏してくださいます。津軽民謡から世界の音楽まで、「三味線の音色にはこんな魅力があったんだ」と新鮮な驚きを与えてくれるコンサートになりそうです!

2011年3月11日の東日本大震災では、浅野さんの仙台の実家が全壊しました。震災の2週間後には宮城県名取市でのコンサートが控えていたそうですが、コンサートは中止となり、浅野さんは「自分の目で被災地を歩く」ことを決意し、被災地に向かったそうです。記憶に残っている街の風景は一変し、喪失感や無力感、やりきれない思いでいっぱいになったそうですが、音楽の力を信じ、避難所はじめ被災した各地を巡り、演奏を再開しました。今回のコンサートで演奏する「ソング・フォー」は、そのときに浮かんだメロディーを曲にしたものだそうです。

「震災前は『誰よりも上手に三味線を演奏したい』という気持ちでいっぱいだったけど、震災後は『誰かのために演奏するって素敵なこと』と思うようになった」と語る浅野さん。宮城県石巻市のがれきの中から見つけた木材で作った三味線を手に、「三味線を好きな人も初めての人も気軽に楽しめるコンサートにしたい」と意気込みを語ってくださいました。

※情報は2014.1.17時点のものです

福岡県立大濠公園能楽堂

住所福岡市中央区大濠公園1-5
TEL092-715-2155
FAX092-715-2244
URLhttp://gekinavi.jp/theater/2013/11/case-vol7zero-spirit.html(劇ナビ@FUKUOKA)
その他

*日時:2月1日 昼の部/13:00 夕の部/16:00

*入場料:3500円(当日4000円)全席指定

 

関連タグ

この記事もおすすめ