神道美術の極み 国宝大神社展3/9まで!九州国立博物館

 

九州国立博物館で開催中の特別展「国宝 大神社展」。

神社本庁や全国の神社が所蔵する国宝57作品、重要文化財65作品を含む文化財165作品が一堂にそろっています。

那智大社を訪れた人々の信仰心が息づく「那智山宮曼荼羅」(和歌山・熊野那智大社)

那智大社を訪れた人々の信仰心が息づく「那智山宮曼荼羅」(和歌山・熊野那智大社)

ユーモラスな表情が見学者を楽しませる「面楯」(大阪・住吉大社)

ユーモラスな表情が見学者を楽しませる「面楯」(大阪・住吉大社)

相撲神事を表す最古の彫像として注目を集める「相撲人形」(滋賀・御上神社)

相撲神事を表す最古の彫像として注目を集める「相撲人形」(滋賀・御上神社)

優雅な雰囲気の重要文化財「錦貼神輿」(奈良・手向山八幡宮」

優雅な雰囲気の重要文化財「錦貼神輿」(奈良・手向山八幡宮」

日本文化をはぐくんできた神道美術、神々の気配と息吹が感じられる至宝の数々が堪能できる機会です。

いよいよ3月9日まで!この機会にぜひお楽しみください。

※情報は2014.3.6時点のものです

「国宝大神社展」公式サイト

住所太宰府市石坂4-7-2
TEL050-5542-8600(NTTハローダイヤル)
URLhttp://daijinja.jp/
その他
  • 一 般1,500円(1,300円)
  • 高大生1,000円(800円)
  • 小中生 600円(400円)( )内は前売り・団体料金(20名以上の場合)

関連タグ

この記事もおすすめ