「空から舞い降りた選手たち」によって動き出した、ホークスの歴史

空から舞い降りた選手たち

1949年に開設された平和台球場は、51年からは西鉄ライオンズの本拠地となりました。

78年、球団が西武グループによって買収された後、地元ファンは新球団の誘致を待ちわびました。10年後、福岡に再びプロ野球の火がともり、ダイエーホークスが誕生しました。

1989年4月15日、開幕セレモニーで、平和台球場に鷹の衣装をまとった9人のパラシュート部隊が舞い降りました。相手は西武ライオンズ。これまでライオンズを応援していたスタンドだが、この日は2万人近くの観客がホークスに声援をおくり、見事2-1で勝利を収めました。

ホークスの歴史はこうして始まりました。

 

※情報は2016.8.26時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ