国東半島峯道ロングトレイル ~「六郷満山」と日本人の原風景を歩く旅へ

大分県の北東部に位置し、周囲を海々に囲まれる国東(くにさき)半島。神と仏が共存する神仏習合の「六郷満山仏教文化」が生まれた土地であり、全盛期には2,000人に及ぶ僧徒がこの半島にいて、8,000から10,000ともいわれる石造物があったといわれています。

重要文化財「熊野磨崖仏」

重要文化財「熊野磨崖仏」

2018年にはこの六郷満山が開山1,300年を迎えることから、注目が高まっております。

そんな国東半島の魅力を体感できるのが「峯道ロングトレイル」

六郷満山の修行僧が行ってきた「峯入業」の道をベースに、トレッキングやウォーキングの醍醐味を味わうことができる登山道や遊歩道をコースに追加し、楽しく、そして心地よく歩けるトレイルとして再構築されています。

2010年に行われた「峯入り」の様子

2010年に行われた「峯入り」の様子

豊かな自然とともに「世界農業遺産」にも認定された伝統的な農業が形作った文化や景観を楽しみながら歩くことができます。

またコースのいたるところにある有名無名の石像文化財や野仏は、まさに「み仏の里」と呼ばれるにふさわしいところです。

「日本人の原風景を歩く旅」として、失われかけた日本人の魂に触れる時間を過ごすことができそうです。

そんな「国東半島峯道ロングトレイル」の2016年秋冬開催のツアーをご紹介いたします!

秋冬のロングトレイルツアー 豊後高田Tコース(全5回)

国東半島峯道ロングトレイルの豊後高田市側にあるTコースを歩くツアー。

国宝「富貴寺大堂」を始め、重要文化財の熊野磨崖仏や真木大堂、世界農業遺産の郷「田染荘」、花と紅葉のお寺「長安寺」、謎のストーンサークルを有する「猪群山」、九州百名山「中山仙境」など国東半島の魅力がつまったコースを地元ガイドと一緒に歩きます。

世界農業遺産の郷「田染荘」

世界農業遺産の郷「田染荘」

各コースとも特別価格お一人様3,000円(昼食付)

第1弾 六郷満山文化が色濃く残るT-1コースを歩こう!

国東半島峯道ロングトレイルを歩く旅の始まり。熊野磨崖仏や真木大堂などの重要文化財や田染荘に代表される日本の原風景の中を歩く道。

歩行距離:約12km 初~中級

真木大堂「大威徳明王」

真木大堂「大威徳明王」

第2弾 紅葉の名所「長安寺」と城跡のこる屋山山頂を巡る道

花の寺「長安寺」が見せる秋の紅葉と戦国武将 吉弘統幸 公が築城したと言われる屋山城跡を巡り天念寺を目指します。

歩行距離:約11km 初~中級

花と紅葉のお寺「長安寺」

花と紅葉のお寺「長安寺」

第3弾 高山寺から茶畑広がる道と国宝「富貴寺大堂」を巡る道

全盛期には六郷満山の寺院を統括していたと言われている幻の寺「高山寺」を出発し、冬支度が進む田染蕗地区から冨貴茶園の絶景を歩き国宝「富貴寺大堂」を目指します。

歩行距離:約14km 初~中級

国宝「富貴寺大堂」

国宝「富貴寺大堂」

第4弾 謎のストーンサークルと飯牟礼神社、T-4コースを歩こう!

国東半島の山の中でも人気が高い「猪群山」。その北峰頂上付近にある巨石群 「ストーンサークル」を巡り、1000年以上の歴史を持つ飯牟礼神社に。さら に九州百名山「中山仙境」を有する夷谷を目指します。

歩行距離:約10km 初~中級

飯牟礼神社と巨木

飯牟礼神社と巨木

第5弾 九州百名産「中山仙境」を歩こう!

「仙境」と言う名にふさわしい絶景と瘠せ尾根歩きが楽しめる中山仙境。 最高地点 317m という低さは思えないスリリングな道を歩きます。

歩行距離:約6km 中~上級

中山仙境-馬の背

中山仙境-馬の背

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ