【太宰府の梅ヶ枝餅】毎月17日は古代米、25日はヨモギ入り

太宰府天満宮の参道で販売されている名物といえば「梅ヶ枝餅」。通常は白い餅生地ですが、菅原道真公の誕生日(845年6月25日)と命日(903年3月25日)にちなみ、毎月25日にはヨモギが入った梅ヶ枝餅が販売されます。

※【25日限定販売】太宰府名物「梅が枝餅」が「よもぎ餅」に!

右は普通の梅が枝餅。左はよもぎ入り。

右は普通の梅が枝餅。左はよもぎ入り。

25日のヨモギ入り梅ヶ枝餅のことは知っていたのですが、最近、「毎月17日には古代米入りの梅ヶ枝餅が販売されるよ!」と聞き、その真相を確かめてみました。

古代米入り梅ヶ枝餅は、2015年11月17日からスタート。どうやら九州国立博物館開館10周年を記念して試験的に提供したところ評判が良かったので毎月17日に販売することになったようです。

古代米入り梅ケ枝餅

古代米入り梅ケ枝餅

 

「きゅーはく女子考古部」の岸本顧問も古代米の梅ヶ餅を手にご満悦♪

古代米入りの梅ヶ餅は紫がかった色で、パリパリした食感が特徴です。

太宰府に行ったら梅ヶ餅!という方は少なくないでしょうが、

毎月17日「古代米入り梅ヶ枝餅」

毎月25日「ヨモギ入り梅ヶ枝餅」

と覚えておくと、いつか何かの役に立つときがくるかもしれません(?)

 

※情報は2017.2.14時点のものです

太宰府天満宮

住所太宰府市宰府4丁目7番1号
TEL092-922-8225(9時~17時)
URLhttp://www.dazaifutenmangu.or.jp/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ