ワールドラグビー女子セブンズシリーズ(北九州大会)を観戦しよう!

ワールドラグビー女子セブンズシリーズ(北九州大会)が、4月22日(土)・23日(日)ミクニワールドスタジアム北九州にて開催されます。

一昨年のW杯での南アフリカ戦、日本の大逆転勝利で日本中がラグビーを知ることとなりました。
また、ラグビーがいまいちわからなかったという人々も、W杯に続く昨年のリオオリンピックでの7人制ラグビー日本代表の大活躍・大躍進を観て、より深くラグビーのルールとその醍醐味を知ったという方も多いのではないでしょうか。

4月22日(土)・23日(日)、「ワールドラグビー女子セブンズ」が開催されます。
会場は、今年2月にサンウルブズVSトップリーグオールスターズの試合がこけら落としとなった北九州スタジアム(通称ミクニワールドスタジアム北九州)。
セブンズというのは7人制ラグビーのことで、オリンピック種目としては15人制ではなく、 こちらのセブンズが採用されています。
15人制と同じ広さのグラウンドで、半分の人数でプレイするセブンズは、バスケットボールのように早い試合展開が魅力の1つです。

試合時間も10分(前後半各5分)と短いため、 1日でたくさんの試合を観戦でき、おトク感も十分!

ピッチの外では可愛い女の子

ピッチの外では可愛い女の子

さて、ワールドラグビー女子セブンズとは何かご存知ですか?

毎年11月~翌年5月にかけて5ヵ国持ち回りで大会が実施され、 全大会の結果を踏まえてシーズンの総合優勝チームが決まるという『女子セブンズの世界大会』のことです。
参加チームは各大会12チーム。 
昨シーズン(2015-2016)はオーストラリアが優勝しましたが、その前3大会は全てニュージーランドが優勝。
日本は、昨シーズンからアジアで予選を勝ち抜き、本シーリーズに昇格・参加しています。
今シーズン(2016-2017)は、第1戦がドバイにて(2016-12/3.4)、第2戦がオーストラリアにて(2017-2/3,4)、 そして第3戦がこの度日本で開催の「HSBC ワールドラグビー女子セブンズシリーズ北九州大会」です。

日本、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イングランド、フランス、米国、ロシア、フィジー、スペイン、 ブラジル、アイルランドの12チームが参加。 4チームづつ3つのプールに分かれ、 1日目(4/22)は、プール総当り(各チーム3試合)でプール内順位を決めます。 (計18試合)
2日目(4/23)は、1日目の結果に基づき、順位決定トーナメントを行ない大会順位を決めます。 (各チーム2-3試合、計16試合試合)

当日会場内には、あっとビックリ!コスプレの観戦者が周りにウヨウヨいるかも?
開花宣言したSAKURA SEVENSが満開に咲くのを、みんなで北九州に応援に行きましょう!

チケット情報はこちらから → http://ticket-rugby.jp/top.jsp

【SAKURA SEVENS をもっと知りたい人のために】
・日本代表プロフィール(日本協会HP)  https://www.rugby-japan.jp/sevens-womens/member/ 

・tokiokakeruさんのブログ  https://matome.naver.jp/odai/2144807007464319901 

・サクラセブンズキレキレダンス! https://www.youtube.com/watch?v=3w2POFQyq64 

※情報は2017.3.29時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ