【西区】福岡市の最北端はどんなところ?

今回は福岡市の最北端がどんなところなのか、見に行ってみました。

先日、福岡市の最南端について書きました。

★福岡市の最南端はどんなところ?→http://y-ta.net/sefurisan/

では逆に福岡市で最も北にあたる最北端の場所はどこになるのでしょうか?

■福岡市の最北端は西区の小呂島(おろのしま)

地図で調べてみると福岡市の最北端は西区の小呂島(おろのしま)のようです。

福岡市中心部から沖合約40キロにある離島です。

ちなみに、小呂島は福岡市の最も北に位置する場所ですが、最も西に位置する場所でもあるようです。つまり、最北端、かつ最西端ということですね。

というわけでさっそくどんな場所なのか行ってみようと思います。

■要確認!注意事項

▲ 小呂島行きの渡船は月曜日、水曜日、金曜日は「行き」のみしかありません。

つまり、月曜日、水曜日、金曜日に行くと帰ってこれません。

小呂島には民宿もありませんので泊まれません

ということで小呂島に日帰りで行く場合は必然的に火曜日、木曜日、土曜日、日曜日のいずれかになります。

ただし、一日一往復しかありません。

悪天候、高波などで欠航となった場合は小呂島に宿泊しなければなりませんが、上述のように小呂島には宿がありませんので野宿確定となります。

晴れていても風が強くて高波の場合は容赦無く欠航となります。

一応、欠航となった場合は小呂島の渡船場の待合所を解放してくれるそうですが、かなりキツい思いをすることは間違いないかと思います。※待合所の写真は後から載せます

売店もありますが営業時間が短く休業の日もあります。最悪の場合、食事抜きで野宿というハメになってしまいます。

姪浜旅客待合所で小呂島行きの切符を買う際にはそのことを念を押して確認されます。

小呂島に向かうときにはそれなりの覚悟と準備をして行く必要があります。

記事を読んだ方で小呂島に行きたいという人はあくまでも自己責任でお願いします。

僕は厚手の予備の服と一晩過ごせるぐらいの食事を準備して行きました。(※欠航することなく無事に帰れましたが)

1 / 5

この記事もおすすめ