【早良区】福岡市の最南端はどんなところ?

ふと疑問に思ったこと・・・「福岡市の最南端ってどんなところだろう?」。

福岡の最南端は大牟田市だということは知っていましたが、福岡だとどこになるんでしょうか?

やっぱり南区のどこかでしょうか?

■最南端は早良区

地図で調べてみたところ、どうやら福岡市の最南端は早良区の板屋という場所のようです。

どんな場所か見たくなりましたので行ってみることにしました。

■最南端付近へ向かう

▲ 最南端の場所は脊振山の山頂付近。

曲がりくねった山道を車で1時間ほど走ると最南端近くにある駐車場に到着しました。

▲ 到着してわかったこと、それは・・・最南端の場所には行けない!

というのも、最南端の場所には航空自衛隊脊振山分屯基地があり、敷地内には入れないようになっているためです。

なので、福岡市の最南端を眺めることができる脊振山山頂に行ってみることに。

■脊振山の山頂

▲ 駐車場から歩くこと約5分。ここが脊振山の山頂です。標高は1055メートル。福岡市でもっとも高い場所です。(ちなみに福岡で最も高いのは八女市の釈迦岳で標高1230メートル)

ただ、厳密に言うと山頂ぴったりの部分は佐賀県神埼市に属しているようです。

▲ 山頂には背振神社という弁財天を祀る祠がありました。

かつては修験道の行者が修行していた場所だそうです。車でも行くのが大変だったのに車のない時代は整備されていない道を歩いて登ってきていたのでしょうね。もうそれだけで徳が積めるよな気がします。

▲ 修行の場だったなごりはまったくありませんが、唯一残っているのがこちらの役行者像

台座に刻まれた銘文には元禄13(1700)年に山伏によって建立されたことが記されているそうです。

▲ そして背振神社の真横に鎮座するのは航空自衛隊と米軍の巨大なレーダーサイト

巨大な球体は近くで見るとちょっと怖ささえありますね。

▲ さて、肝心の福岡市の最南端はというと・・・

▲ このあたり。

自衛隊の施設内なのでもちろん入ることはできません。

それにしても、こんな場所まで市内とは、福岡市って意外と広いですね〜。

■まとめ

▲ 残念ながら最南端の場所に立ち入ることはできませんが、遠くから眺めることはできます。

▲ かなり景色も良く空気もキレイな場所なので休日のドライブにオススメですよ。

■脊振山山頂へのアクセス方法

脊振山山頂の住所は「佐賀県神埼市脊振町服巻1358」付近です。

福岡市中心部からは車で1時間ほどです。

那珂川町経由で行くのが一番近いかと思いますが、かなりの山道ですので冬場は凍結等で通れなくなる可能性があります。

また、狭くて曲がりくねった道をずっと進むことになりますので初心者マークの人はやめておいたほうが無難かもしれません。

見通しの悪い道ですのでじゅうぶんに注意が必要です。

山頂付近には無料の駐車場があり、そこから緩やかな階段を歩いて5分ほどで到着します。

なので登山の準備は必要ありません。

※情報は2017.5.22時点のものです

Y氏(山田孝之)

Y氏こと山田孝之が福岡のちょっと変わった観光スポットや路上ネタを紹介します。

何かの専門家というわけではないのでブログ(福岡路上遺産)ではけっこう好き勝手にどんなネタでも書いていますが、主に福岡を中心とした九州のちょっと変わった観光スポットを日帰り旅行で訪れ、それを記事にしています。休日のお出かけの参考にしてもらえたらうれしいです。主な著書 に福岡路上遺産(海鳥社)、福岡のB面、福岡レトロ旅など。

インスタ:y_haiku

FB:福岡路上遺産(旧・y氏は暇人)

この記事もおすすめ