福岡県東峰村にある「日本一美しい鉄道橋」

福岡県東峰村のJR日田彦山線筑前岩屋―大行司間に架かるアーチ橋。地元の人たちから「めがね橋」の愛称で親しまれているこの橋は、フジテレビ系「ベストハウス1・2・3」の「日本の美しい鉄道橋」でNO1に選ばれたこともある美しい橋です。

「めがね橋」は、1938年(昭和13年)に完成。九州の近代土木遺産にも指定されています。2時間に1本くらいしか列車は走っていないようですが、ちょうどいいタイミングで見ることができました。

山里の「めがね橋」をゆっくりと駆け抜ける列車。眺めているだけでも癒されます。なんだか日本の原風景を眺めているような気分です。

「めがね橋」は計4つあるようですが、そのうちの1つの橋に近づき、下からのぞいてみました。

さすがに下から眺めると迫力があります。昭和13年に完成というから、戦時中も崩れることなく残っていたんですね。80年近く堂々とこの山里に立っているなんて本当にすごい!

周囲の美しい田園風景と、めがね橋の人工美の見事なコントラスト。毎年、12月のクリスマスシーズンには、ライトアップもされるそうです。

東峰村

東峰村

今度は列車の車窓からこの美しい風景を堪能したいと思っています。

みなさんもぜひ「日本一美しい鉄道橋」を見に東峰村を訪れてみてください♪

※情報は2017.5.24時点のものです

この記事もおすすめ