RKBラジオキャスタードライバー「スナッピー」が博多町人文化勲章を受章

福博の伝統文化や街の発展に貢献した個人や団体に贈られる「博多町人文化勲章」に、RKBキャスタードライバーの「スナッピー」が選ばれました。

スナッピー43期生

スナッピー43期生

RKBスナッピーは1975年に誕生。中継機材を積んだ専用車を2人一組で運転しながら福岡・佐賀県内を巡り、旬の産物、催事、地元の方々に体当たりでリポートし、新鮮で熱い情報を日々伝えています。

ももピッ!柄のスナッピー号で回る

ももピッ!柄のスナッピー号で回る

2005年の福岡西方沖地震や2016年の博多駅前陥没事故では、現場からいち早く被害状況を中継しました。

現在は、吉野千緩さん・松雪愛美さん・末長由美さん・江越楓さん・金子朋未さんの5名が43期生として活動しています。40年を超えて代々活躍してきたスナッピーのOGの中には、磯田久美子さんや中山理恵さん(RKB今日感テレビに出演中)、ラジオ・テレビで「ホークス情報」を熱く伝える鬼橋美智子さんを始め、タレントやリポーターとして第一線で活躍している方も少なくありません。放送業界を目指す若き女性の登竜門の一つ「スナッピー」の今後の活動にも注目です!

※「博多町人文化勲章」には、「スナッピー」のほかに、博多祇園山笠の山大工で博多松囃子の稚児舞の指導も担当する名越正志さん▽創業300年を迎えた老舗の國松石材▽博多どんたく港まつりで伝統の「三十三羽鶴」で知られる新天町どんたく隊が選ばれました。

※情報は2017.5.24時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ