高さ13m!博多祇園山笠に「スター・ウォーズ山笠」が登場!

776 年の伝統を誇る国の重要無形民俗文化財で、昨年末には、「山・鉾・屋台行事」としてユネスコ無形文化遺産にも登録された伝統行事「博多祇園山笠」に<スター・ウォーズ山笠>が登場することとなりました!

全人類が待ち望んだ、映画を超えた史上空前のエンターテイメント「スター・ウォーズ」。全米興行収入ランキング歴代 No.1 を記録し歴史に名を刻み、日本でも社会現象級の大ヒットとなった『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。この作品のその後を描いた最新作『スター・ウォー ズ/最後のジェダイ』が、12月15日に公開されます。そしてこのたび、日本三大祇園祭のひとつ「博多祇園山笠」で、「スター・ウォーズ」のキャラクターが飾られた<スター・ウォーズ山笠>の制作が決定!デザイン画が解禁されました。

© 2017 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

「スター・ウォーズ」キャラクターが飾られるのは、“走る飾り山笠”とも言われる「八番山笠 上川端通」 で、高さ 13 メートル(予)、重さ2トンという実際に走る山笠では最大のもの。発表された<スター・ウ ォーズ山笠>は、ルーカスフィルムが監修、お馴染みのC3-POとR2-D2やキュートな姿で大人気の BB-8らドロイドはもちろん、ダークサイドを思わせる真っ赤な炎の中のカイロ・レン、そして前作で“フォー ス”を覚醒させたヒロイン レイが青い波を背景にカイロ・レンに挑む様な姿が描かれた迫力のデザインとなっています。

「八番山笠 上川端通」で洋画を題材にした山笠の制作は史上初の試み。<スター・ウォーズ山笠>は、7 月 1 日(土)~7 月 14 日(日)まで上川端商店街(福岡市博多区)に飾られ、同12日(水)の<追い山馴らし>、同15日(土)の<追い山>で、初夏の博多 の街を駆け巡ります。ぜひご期待ください!

※情報は2017.6.3時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ