秋空に舞う熱気球☆2013佐賀インターナショナルバルーンフェスタに行ってきました!

秋の佐賀平野に舞い上がる色とりどりの熱気球!

佐賀インターナショナルバルーンフェスタが開幕しました。

今年は「花開く 大空へ」をテーマに、11月4日まで開催されるそうです!

去年は休日の午後に行ったのですが、天候不良でフライト中止…。

バルーン競技は午前7時~と午後3時~にあるのですが、午後は風の都合で中止になることが多いそうです。

ということで、今年は午前中に行くぞ!(しかも)大混雑する休日を避けて出勤前に!ということで、早起きして出発しました。

駅

午前6時発の博多発特急かもめに乗車したのですが、たまたまこの特急が会場すぐの「バルーンさが」駅に止まりました(ラッキー♪)。

博多⇒二日市⇒鳥栖⇒新鳥栖⇒佐賀⇒バルーンさがの順番です。普段は存在せず、この時期だけ現れる貴重な駅です。

博多駅を出たころはまだ夜明け前。

徐々に空が明るくなりはじめ、到着後、会場の嘉瀬川河川敷で朝日を拝むことができました!

朝日

佐賀平野を照らす朝日、素晴らしかったです。

いよいよ午前7時の競技スタート時間が近づいてきました!

地面バルーン

地面にペッちゃんこに張り付いていたバルーン。

(結構な大きさです。この状態ではまだ何が描かれているかわかりませんね)

徐々にバルーン

巨大な扇風機のようなもので徐々に空気を入れ、膨らませていきます。

待つこと約20分ほどでしょうか?冷たい空気から続いて温かい空気が送られ、膨らみました。

いよいよバルーン

「よっこらせ」といった感じで、バルーンは立ち上がり、準備OKです。

先ほどの地面に張り付いていたバルーンの絵柄は、吉野ヶ里公園のキャラクターでした。

 

フランスの作曲家ラヴェルの「ボレロ」の曲に合わせ、次々に飛び立ちます。

もこもこ

徐々に飛びます

早起きして良かった。

絶好のバルーン日和といえるほどの秋晴れの朝。気持ちよくバルーンが飛び立っていきました!

アシモ

左上の写真、よ~く見てください(スマホの人は拡大してみてください)。

HONDAのASIMOバルーンです!!(分からないかな?)

 

それにしても、平日の朝というのに

ギャラリーもすごかったです。

ギャラリー

大人も子どもも大空に飛び立つ色とりどりのバルーンに目が釘付けです!

ギャラリー2

ほぼすべてのバルーンが飛び立ったところで、出勤前の感動的なひとときはおしまい。

午前7時51分発のバルーンさが駅発の特急に乗り、いつも通りに出勤しました。

 

開催期間中は、午前9時~アニメの人気キャラやかわいい動物たちが登場する「バルーンファンタジア」もありますよ~。

こちらは飛び立ちませんが、普段は入れない競技エリア内から間近でバルーンを見ることができるのでおすすめです!

ファンタジア

また、11月3日と4日は夜間係留(ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン)も開催。

夜間係留はとてもロマンティックで、昼間とは違ったバルーンの魅力が楽しめます!

夜間係留

ほかにも、開催期間中は楽しいイベントが盛りだくさんのようです!

バルーンフェスタ、かなりおすすめです!

 

※情報は2013.10.31時点のものです

2013佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

住所バルーン佐賀駅
TEL0952(29)9000
URLhttp://www.sibf.jp/

関連タグ

この記事もおすすめ