洋酒ファン必見!驚愕のコレクション!大分県日田市の【天領日田洋酒博物館】がすごい

大分県日田市に洋酒・ウイスキーのテーマパークがあることをご存知でしょうか?

2011年に日田市本庄町に誕生した「天領日田洋酒博物館」。ここは、オーナーが30年以上かけて集めた洋酒・ウイスキー関連グッズが集まった個人の洋酒博物館です!

 

正直、度肝抜かれました。世の中にはいろいろなコレクターがいるものの、個人蔵とは思えないほどの驚きのスケール!しかも、アメリカの禁酒法時代の未開封のボトルや、1970年代にティファニー社とウイスキーメーカー・シーグラム社がコラボレーションしたボトル、ニッカウヰスキー日田工場創業当時のポットスチル(単式蒸留器)などなど、ファンでなくてもため息が出るようなレアなものばかり。NHK連続テレビ小説で話題になった「マッサン」の世界観も十分に楽しめました。

禁酒法時代のボトル

禁酒法時代のボトル

ティファニー社とコラボしたボトル

ティファニー社とコラボしたボトル

ポットスチルはニッカウヰスキー日田工場撤退の際に特別に譲ってもらったそうです。

ポットスチルはニッカウヰスキー日田工場撤退の際に特別に譲ってもらったそうです。

オーナーが中学1年生のときから集めたものらしいのですが、聞いてびっくり!展示してある2万点のコレクションは8万点以上の中から選び抜いたものらしいです。

この機関車の中にもウイスキーが!

この機関車の中にもウイスキーが!

プレスリーは首のところに、マリリンモンローは下部にキャップがあるそうです。

プレスリーは首のところに、マリリンモンローは下部にキャップがあるそうです。

なぜオーナーがこれほどまでウイスキーに興味を持ったのかなど、詳しい背景については漫画「クッキングパパ」にも掲載されているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

こちらのお店では、ミュージックライブが開催されたり、結婚式の2次会などに使われたりするそうですが、夜はバータイムに。樹齢100年、日田杉を使った12mの大型カウンターで至極のウイスキーをいただきながらまったりするのもおススメです。

洋酒やウイスキー好きはもちろん、大人の時間を楽しみたい人に教えたくなるような日田の穴場スポット。ぜひみなさんも訪れてみてください!

天領日田洋酒博物館

住所:大分県日田市本庄町3-4

電話/FAX:0973-28-5266

開館時間:11:00~17:00 ※バータイム:20:30~24:30

定休日:水曜日 ※バーは日曜定休

入館料:大人500円、小中学生300円、小学生以下無料

 

※情報は2017.10.26時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ