鉄道&温泉ファン必見!熊本県八代市の冬の見どころ

「晩白柚(ばんぺいゆ)」

八代を代表する果物で、とてもさわやかな香りをはなち、その実は果肉だけではなく、皮もお菓子などに使われます。世界最大級の柑橘類で重さは約2kg。直径は20センチを超え、最大のものはギネスブックにも登録されています。

八代市内の日奈久温泉では収穫時期の12~2月は晩白柚を贅沢に浮かべた晩白柚風呂を楽しむことができます。また、贈り物の品としても人気です。

【問合せ先】

<販売>八代よかとこ物産館 ℡:0965-32-3600

<晩白柚風呂>日奈久温泉観光案所 ℡:0965-38-0267

「日奈久温泉」

開湯600年以上の歴史をもち、湯治の町として昔から人びとの心と体を癒してきた日奈久温泉。泉質は弱アルカリ単純泉でさらりとした肌ざわりで、湯上りもさっぱり。立ち寄り湯はもちろん、なつかしの木造旅館で美味しい食事を堪能し、迷路のように入り組んだ日奈久の路地裏を散策してみてはいかがでしょうか。

旅館の情報は日奈久温泉旅館組合のHPをチェック!

「火流(ひなぐ)の彩(いろ)」

火流の彩は毎年大晦日12月31日に行われます。日奈久温泉の繁栄を祈願し、開湯600年をむかえた平成21年に始まりました。温泉神社へ登る参道から温泉神社まで、竹灯篭に灯りをともし、参拝者を幻想的な雰囲気で迎えます。

【会期】平成29年12月31日(日)

【場所】日奈久温泉神社(〒869-5134 熊本県八代市日奈久上西町401)

【問合せ先】日奈久観光交流施設「日奈久ゆめ倉庫」 Tel:0965-38-0267

「球磨川第一橋梁」

明治41年(1908年)に完成したこの橋は、JR肥薩線の鎌瀬駅を出てすぐに球磨川に架かる赤茶色の鉄道橋です。「トランケート式」と呼ばれるピン結合方式のトラス橋で「球磨川第二橋梁(同県球磨村)」とともに全国に二つしか残っていない、大変貴重な橋です。多くの鉄道ファンが訪れ、有名な写真スポットにもなっています。

【場所】JR肥薩線鎌瀬駅近く

【問合せ】八代観光案内所(JR八代駅内)Tel:0965-32-2436

<九州横断鉄道沿線都市観光協議会とは>

JR肥薩線、鹿児島本線、豊肥本線、日豊本線沿線に位置する別府市、大分市、豊後大野市、竹田市、熊本市、八代市、人吉市の7自治体で構成された、沿線全域の中九州観光圏の魅力を発信する観光協議会です。

お問い合わせ 九州横断鉄道沿線都市観光協議会(事務局:八代市観光振興課内)

TEL 0965(33)4115

※情報は2017.12.11時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ