宝塚歌劇100周年&手塚治虫記念館20周年 宝塚市へ!

  • 2014.8.3
  • 兵庫県宝塚市
  • たび

2014年、宝塚歌劇はレビュー100周年を迎えました!

阪急東宝グループ(現・阪急阪神東宝グループ)の創業者・小林一三氏が温泉場の集客を目的に結成した宝塚歌劇。兵庫県宝塚市にある宝塚大劇場を訪れました。

小林一三氏の銅像

小林一三氏の銅像

駅から劇場に向かう道

駅から劇場に向かう花乃みち

こちらが宝塚大劇場!

こちらが宝塚大劇場!

至るところに100周年を祝う横断幕

至るところに100周年を祝う横断幕

ゴミ箱まで宝塚レビュー

ゴミ箱まで宝塚レビュー

現在、宝塚歌劇団は花、月、雪、星、宙(そら)の5組に分かれています。今回、訪ねたときには星組の公演があっていました。

中央に座っているのは専科の轟悠さん(熊本県出身)

中央は専科で劇団理事の轟悠さん(熊本県出身)

シンボルソング「すみれの花咲く頃」にちなんで、近くの道にはすみれの花も♪

清く、正しく、美しく咲いています。

清く、正しく、美しく咲いています。

タイルにもすみれの花

タイルにもすみれの花

宝塚と聞けば歌劇団がすぐに思いつくのですが、「鉄腕アトム」「ジャングル大帝」など数々の名作アニメで知られる漫画家・手塚治虫氏の記念館もすぐ近くにありました。

手塚治虫の代表作のひとつ「火の鳥」

手塚治虫の代表作のひとつ「火の鳥」

ブラック・ジャック

ブラック・ジャック

手塚治虫記念館

手塚治虫記念館

火の鳥のオブジェ

火の鳥のオブジェ

手塚治虫氏は5歳から約20年間をこの宝塚市で過ごしたそうです。手塚氏は、幼少期から宝塚歌劇を観劇していたそうで、作品にもその影響が見られます。代表作である「リボンの騎士」は、女性が男性を演じる宝塚歌劇の「男役」の影響が強く表れているといわれています。

リボンの騎士

リボンの騎士

そして、手塚治虫氏の代表的な漫画といえば、やはり「鉄腕アトム」!

記念館では、手塚氏のゆかりの品や数々の作品、アトムの初回アニメ放送を見ることもできました。

宝塚歌劇に手塚治虫、宝塚市には本当にお宝がいっぱいです!

帰り道、イタリア・ローマの観光名所「真実の口」のレプリカを発見!嘘つきが手を口に入れると、手が抜けなくなったりする…という、名画「ローマの休日」でもおなじみのあの「真実の口」です。

中に手を入れると…

中に手を入れると…

目が光った!!

目が光った!!

ローマと違い、宝塚市の真実の口は、嘘つきが手を入れると目が光るそうです。(嘘つきだってばれた…)

宝塚歌劇団はレビュー100周年、手塚治虫記念館は開館20周年、おめでたいことづくしの宝塚市は魅力満載の街でした☆

※情報は2014.8.3時点のものです

宝塚大劇場バウホール

住所兵庫県宝塚市栄町1-1-57
TEL0570-00-5100(宝塚歌劇インフォメーションセンター)
URLhttp://kageki.hankyu.co.jp/

大きい地図で見る

この記事もおすすめ