日本のアンデルセン 久留島武彦絵画展 ―その知られざる才能を解くー 開催中! 

「教育者」「口演童話家」として知られる、日本のアンデルセン 久留島武彦の絵画作品に触れることができる展覧会が、大分県玖珠町の久留島武彦記念館で開催されています。

「日本のアンデルセン」と呼ばれた久留島武彦氏は、明治・大正・昭和の三代にわたって、人が人として共に生きていく上で、必要な教えを楽しいお話にのせて子どもたちに語り聞かせた教育者です。また、日本にボーイスカウトを紹介し、その基盤作りに尽力、他にも日本初となる数々の業績を残し、日本の近代児童文化の基盤を築き上げたパイオニア。

今回の企画展では、久留島武彦氏の知られざる才能 “絵画” に焦点を当てています。貴重な水墨画や水彩画など、多種多様な絵画作品30点を初公開です。

“語りの世界”とはまた違った、これまでにない久留島武彦の“絵画の世界”を体験することができます。開催は9月30日まで。是非、お見逃しないようおでかけください。

桃太郎

金太郎

久留島武彦絵画展 ―その知られざる才能を解くー 

現在開催中~平成30年9月30日(日) 

※月曜日は休館日です(祝日の場合は翌日)

久留島武彦記念館  

〒879-4404 大分県玖珠郡玖珠町大字森855番地 TEL:0973-73-9200

※情報は2018.6.13時点のものです

久留島武彦記念館

住所大分県玖珠郡玖珠町大字森855番地
TEL0973-73-9200
URLhttp://kurushimatakehiko.com/

この記事もおすすめ