「Kyushu Local Happy Award 2018」最終選考がスタート

今年で2回目を迎える九州ローカルハッピーアワード。約120件の応募から厳選された20個の九州の「しあわせ体験」から、あなた自身が「全国に広めたい」、「シェアしたい」、「家族と体験したい」、「しあわせを感じられそう」、という視点で共感できる「しあわせ体験」が沢山集まりました。

5月15日~7月22日の公募期間中、九州内の個人や団体から約120件の応募があり、特別選考委員となって頂いた放送作家の小山薫堂氏と事務局が選定作業を行い、この度、最終(2次)選考にエントリーする20件を決定いたしました。現在、一般投票によるグランプリの選考がスタートしています。

実行委員会事務局による1次選考を通過して最終選考にエントリーされたのは、個人10件、団体3枠の合計13作品。最も共感を集めた体験がグランプリに輝きます。


9月17日までの投票期間中、Kyushu Local Happy Awardホームページから1エピソードにつき1人1日1回、投票できます。

エントリーされた20の体験は、旅先での心温まる交流や、わが町自慢の景勝地の中でも特におすすめのビューポイントなど、どれも足を運んでみたくなるものばかり。「全国に広めたい」、「シェアしたい」、「家族と体験したい」、「しあわせを感じられそう」、という視点で共感できる「しあわせ体験」エピソードに投票をして、応援してください!


投票結果は2017年秋に発表を予定しています。投票はこちらから。

※情報は2018.8.21時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ