ゆっくりと夏の富士山を満喫!ジェイさんの写真旅vol.2

世界自然遺産や美しい星空の写真を撮り続ける福岡在住のジェイさんが綴る写真旅。

2回目の旅は、世界文化遺産・富士山へ。

昨年は富士宮口から登ったので、今年は富士吉田口から登頂を目指す。濃霧で真っ白な道を歩く。雪崩で傾いた樹木が多く見られた。

昨年は富士宮口から登ったので、今年は富士吉田口から登頂を目指す。濃霧で真っ白な道を歩く。雪崩で傾いた樹木が多く見られた。

 

5~6合目までは樹木だけでなく、可憐な草花も多く見られた。

5~6合目までは樹木だけでなく、可憐な草花も多く見られた。

 

霧の中、少しずつ登っていると急に視界が開けた。急に澄んだ青い空が見えただけで元気が出てくる。

霧の中、少しずつ登っていると急に視界が開けた。急に澄んだ青い空が見えただけで元気が出てくる。

 

7合目付近から張り付くように建つ山小屋。登山者は一歩一歩上を目指す。

7合目付近から張り付くように建つ山小屋。登山者は一歩一歩上を目指す。

 

1泊した7合目から日の出を待つ。少しずつ明るくなる東の空を見ながら…。

1泊した7合目から日の出を待つ。少しずつ明るくなる東の空を見ながら…。

 

御来光

御来光

 

あたたかい太陽の陽を受けながら登頂を目指す。赤い火山灰のエリア。

あたたかい太陽の陽を受けながら登頂を目指す。赤い火山灰のエリア。

 

今度は黒いエリア。ごつごつとした溶岩が続く。

今度は黒いエリア。ごつごつとした溶岩が続く。

 

7合目から4時間弱で登頂後、もっとも高い剣ヶ峰を目指す。登山道は工事中でした。

7合目から4時間弱で登頂後、もっとも高い剣ヶ峰を目指す。登山道は工事中でした。

 

富士山の三角点。日本一高い場所にたどり着いた。3776mは、四捨五入の結果であることを知った。

富士山の三角点。日本一高い場所にたどり着いた。3776mは、四捨五入の結果であることを知った。

 

2時間くらいかけて「お鉢」をまわる。火口からの噴火を想像し、山の力を感じる。

2時間くらいかけて「お鉢」をまわる。火口からの噴火を想像し、山の力を感じる。

 

7合目でもう1泊してから下山。河口湖周辺を散策し、おいしい食事と温泉で体を休める。

7合目でもう1泊してから下山。河口湖周辺を散策し、おいしい食事と温泉で体を休める。

 

翌日、河口湖駅から大月駅まで富士登山電車に乗り、その後羽田から福岡へ。

翌日、河口湖駅から大月駅まで富士登山電車に乗り、その後羽田から福岡へ。

ゆっくりと富士山を満喫できました。残るルートは、須走と御殿場の2つ!

※情報は2014.9.8時点のものです

富士山オフィシャルサイト

URLhttp://www.fujisan-climb.jp/

大きい地図で見る

ジェイさん

自宅近くで星を観ていた10代。20代は、晴れの日は九州各地をめぐり、山中で星を観ていた。30代になり、星漬けの日々に休息をとるため初めての海外旅行に行く。カナダでオーロラに出合い、どっぷりはまる。以来、定期的にカナダへ。現在は、週末は星を見に行けるかな?と日々、そわそわしている40代。

目標:日本の世界自然遺産をめぐり、星と一緒に写真を撮ること

特技:星を観るためなら、どんなに寒くても耐えられること

この記事もおすすめ