華の都、パリへ!!(フランス)

「芸術の都」「花の都」と世界中の人から称される、フランス・パリ!!

やっぱり、一度は行ってみたい!と思い、行ってきました♪

凱旋門やエッフェル塔、ルーヴル美術館などなど、いままで散々、雑誌や写真集、映画などで見てきた実際のパリがそこに!!

エッフェル塔!!この塔を見ると「パリに来たな~」と実感します!

 

近くで眺めるとやっぱり大きい!!すごい!!感動!!

近くで眺めるとやっぱり大きい!!すごい!!感動!!

フランス革命100周年を記念した、1889年のパリ万国博覧会のために建造されたエッフェル塔。

今ではパリを象徴する建物ですが、建設当時は、奇抜な外観として賛否両論に分かれていたみたいです。

高さは324メートル。東京タワー(333メートル)より9メートル低いですが、本家はやっぱり違います(もちろん、東京タワーも好きです♡)

エッフェル塔を含むパリのセーヌ川周辺は世界遺産として登録されています。

セーヌ川

セーヌ川

優雅なセーヌ川の流れ。

そういえば昔、落ち込んでいる私を励まそうと、会社の上司が近くの川を眺め「この川はセーヌ川に続いているぞ」って言ってくれたことがありました。パリが大好きな上司は、「小さなことにくよくよせず、気持ちを大きく持て!」と励ましてくれたのでしょうが、あのころは共感できなかったな…。でも、これからどんな窮地に陥っても、このセーヌ川の眺めを思い出して頑張れそうです!

そして、セーヌ川のグルネル橋のたもとには「自由の女神像」!

「自由の女神」はニューヨークのシンボルと思っている方もいるかもしれませんが、違います。

実は、あの「自由の女神」はアメリカ合衆国の独立100周年を記念してフランスからアメリカに寄贈されたものです。

その返礼として、パリに住むアメリカ人たちがフランス革命100周年を記念して贈った「自由の女神」がこれ。

なんだか、素敵なお話です♪

 

続いて、パリのシテ島にあるノートルダム大聖堂。

 

フランスを代表する世界的文豪・ヴィクトル・ユーゴ―の小説『ノートルダム・ド・パリ』(日本では『ノートルダムのせむし男』)の舞台となった建物です。 鐘の音が厳かに響き渡っていました。

そして、パリで最も高い丘が「モンマルトル」。

ピカソやモディリアーニたちが安アパートの「洗濯船(Le Bateau-Lavoir)」に住み、ジャン・コクトー、アンリ・マティスなど19世紀末の世紀末芸術時代を代表する芸術家たちが集まった街です。

サクレ・クール寺院

サクレ・クール寺院

 

画家ユトリロの作品にもモンマルトルの風景が多く描かれています

画家ユトリロの作品にもモンマルトルの風景が多く描かれています

街を歩きながら、なぜパリが「芸術の都」といわれるか、「花の都」と称賛されるのかが本当に分かった気がしました。

写真で見たパリ、映像で見たパリ、絵で見たパリがそこにあります!

これは、モンマルトルにある「ムーラン・ルージュ」ですが、画家ロートレックが通いつめ、踊り子たちをモデルにポスターを描いたことでも有名ですね。

そのほか、

オペラ座、ルーヴル美術館、オルセー美術館、などなど時間がいくらあっても足りないほど見どころが満載でした。

パリ・オペラ座のシャガールの天井画

パリ・オペラ座のシャガールの天井画

世界中のみんながパリにあこがれる理由が分かった旅でした。

夜もまた最高に美しい街並み!(実物は写真以上です!!)

 

 

これからのシーズン、パリはクリスマスムード一色に!

あした(11月20日)からシャンゼリゼ大通りの並木がイルミネーションで彩られるそうです☆☆☆

いつか、クリスマスシーズン真っ最中のパリを訪れてみたいです!

(Yuki.I)

※情報は2013.11.19時点のものです

パリで過ごすクリスマス 日本-フランス観光開発機構オフィシャルサイト

URLhttp://jp.rendezvousenfrance.com/ja/news/39661

関連タグ

この記事もおすすめ