変わりゆく日本のアンダーヘア事情✩どくだみJAPAN

「アンダーヘアが気持ち悪い」と言われた。

ご主人(アメリカ人)と付き合い出した頃に友人が言われたと聞いて、

戸惑いを感じた異文化。

 

そういえば私が知っている海外のUS、カナダのアンダーヘアの実情は、

割とつるつるだった。

 

実際によぉ~く見たわけではないけれど、ジム通いをする中で

目にした記憶の限りでは・・・。

体毛が金髪で薄いからあまり目立たないとうのもあるけれど、

日本人のように、真っ黒でふさふさなんて人はいない。

 

だけど、腕とか顔のうぶ毛、脇はあまり気にしていないのか?

金髪だから目立ちはしないけど、ケアしてない人がちらほら。

日本と変わらないといえばそうだけど、アンダーヘアのケアはばっちりなのに

口の周りがふわふわしてるなんて、なんだか変な感じ。

 

というのも、USやカナダでアンダーヘアのケアをする理由は、

衛生上の理由。

オシャレとか見た目ではなく、体毛がない方が清潔に保てるから。

だから、日本人が恥ずかしさやいやらしさを感じるつるつるの状態が普通。

そして男性も同様、短くカットしているという話。

 

近頃日本でもブラジリアンワックスをするエステではお客さんが増え、

アンダーヘアのケアをする人が増えてるらしい。

一度つるつるにしたら、やみつきになるとか。

 

アンダーヘアをケアしている事が恥ずかしいとか、

そこにいやらしさを求める時代は、終わりつつあるのかもしれない。

【どくだみJAPAN☆は毎週月曜日午後9時にお届けします】

※情報は2014.11.3時点のものです

Nao

学生時代をカナダで過ごし、帰国後アパレル、百貨店勤務、幼児英会話講師を経て、現在業務用家具会社アダルにて輸入家具の仕入業務を担当。
子育ても遊びも仕事も楽しむパワフルなシングルマザー。2003年度ミス日本九州代表。

この記事もおすすめ