火の国のパワースポットで古代文明と繋がる!押戸石の丘に行ってきました☆

熊本の阿蘇郡南小国町に押戸石という古代遺跡があるのです。

のら猫、こういうの大好き!!!

小高い丘の上、人工的に配置されているという巨石群。

その内の一つに、シュメール文字が刻まれているんだとか。

実際あったよ!!
意外とデカイ文字。
そして尋常じゃなくわかり辛い!(笑)

蛇神を意味する「ナーガ」と、聖牛を意味する「バール」という二文字が刻まれているんだけど、
この押戸石の丘のある地名は『中原(ナカバル)』って言うんだって。

 

どんな由来があるんだろう?

ぁあん気になる!!!

 

ともえ……テンション高いね。

 

うん!
わキャッタピーはそうでもないんだね。

 

まぁね。

 

この石!!
【はさみ石】っていうのね。

 

夏至には、ちょうどこの岩の間から太陽が昇るんだって。

そして冬至には、この岩の間に太陽が沈むの。

 

そろそろ冬至。

その日に合わせて見に来たいなぁ。

 

古代遺跡には、こうした日時計の役目を果たしてるんじゃないかと思える遺跡が数多くある。

 

いつも、不思議に思う。

 

今のように、時間や日にちの概念も無かった時代に、
どうして日の一番長い日や、短い日、日中の長さが同じ日というのが分かっていたんだろう?

 

ただただ日を感じ、大気を感じ、大地を感じる。

 

そうしてただ自然と共に在るだけで、たくさんの情報を得ていたんだろうな。

 

この岩が立った古代から
夏至には太陽はこの岩の間から昇り、冬至には太陽が岩の間に沈んでいたんだ。

 

太陽も月も地球も
ずっとずっと変わらず
ただ在るがままに動きの中に身を委ねている。

 

人間だけが、何だかわちゃわちゃ。

 

どうしてか、わちゃわちゃごちゃごちゃしながら
人は【在るがまま】を見つめていく。

 

だけどきっと
それもまたいい。

 

そうしてたくさんの感情を味わいながら、受け取っては手放して
一日一日を終えていく。

 

ただ淡々とそんな日々であることに気づけたなら

 

そんな日々そのものが、ただの動きであることに気づいていくんだ。

 

そうそう!
この【はさみ石】、嘘つきさんが岩の間を通ると、挟まれてしまうんだって!!

 

ともえ、通れる?

 

…通れるよ。

 

古代文字の刻まれた【鏡石】

四角い【祭壇石】

そして、
近づくと方位磁石が狂ってしまう【押戸石】

 

方位磁石の貸出しもあります☆

 

石に登ると雨が降るという言い伝えもあるこの押戸石に、何だかふいにお参り。

昨今の夏のゲリラ豪雨をなんとかしてください、ってね。(笑)

ウソウソ。

今日、ここに来られて幸せです。と。

たくさんの神様のいる星だから。

 

あちこちにあるパワースポットを巡りながら、たまにはこんな風にこの星のエネルギーを感じてみるのも、いいよね。

★ノラ猫とわキャッタピーのはじまりエピソードはこちら⇒https://fanfunfukuoka.com/column/6078/

※情報は2014.11.13時点のものです

押戸石の丘

住所熊本県阿蘇郡南小国町中原511
TEL0967-42-1444(NPO法人 押戸石の丘 南小国町観光協会)
URLhttp://www.oshitoishi.com/

久保 巴

昭和57年9月2日生まれ

元介護士 本質とは何か?潜在意識や美塾を通じて自分自身と向き合い続けている。(ブログを日々更新中!)

今年に入って「わキャッタピー」に出会い、マジ惚れ。 「わキャッタピーには地域社会の意識を変える力がある!!」 とかなんとか大袈裟な事を、半分冗談で妄想している。 こうして好き勝手遊ばせて頂きながら、「わキャッタピー=もの知りタイムズのキャラクター」から、「わキャッタピー&ノラ猫=社会派ゆるキャラ」へと密かにイメージのすり替えを狙ってたり狙ってなかったり( ゜∀゜)てへ。 「グッズ作ってよ~」の声を高めるべく、わキャッタピー共々、応援のほどよろしくお願い致します(*≧∀≦*)

この記事もおすすめ