ニジェール日和「生年月日・住所・気温」☆どくだみJAPAN

こんにちは、なっさんです。

青年海外協力隊 村落開発普及員として

アフリカの最貧国 ニジェール共和国で2年間活動しました。

 

距離的にも心理的にも遠いアフリカ。

少しでも興味を持っていただく

きっかけになれば幸いです。

 

【生年月日】

日本では誕生日は家族や友達が祝ってくれ、プレゼントをくれます。

タイでは誕生日を迎える本人が友達を呼んでパーティーを主催し

感謝をこめておごります。(誕生日を迎える本人が主催し

食事や飲み物を用意する国は結構多い。)

 

ニジェールは…「誕生日」はあまり重要じゃない気がします。

そもそも「戸籍」がありません。今でこそ「誕生日いつ?」って

聞いたら答えられますが、そもそも時計やカレンダーをあまり必要と

しない生活です(イスラム歴は別。ラマダン(断食)月は超重要)。

子だくさん。寝ているだけです。室内は暑いので、庭にゴザを敷いて寝ます。

子だくさん。寝ているだけです。室内は暑いので、庭にゴザを敷いて寝ます。

【住所】

「住所」なるものが曖昧なので、私が手紙を受け取る時は

「私書箱」を利用していました。

 

日本―ニジェール間の勝率(郵便物が届く確率)は7割程度でしたが、

中南米―ニジェールの勝率は3割程度。

なぜかガボン宛ての荷物が届いたことがあります。

 

テレビもラジオもない生活だったので(現地の人は持っている人もいる)

手紙が唯一の娯楽でした。

大きい金額の切手が少ないので、葉書1枚出すのにも切手が7枚くらいになり、上手く貼るのに苦労します。

大きい金額の切手が少ないので、葉書1枚出すのにも切手が7枚くらいになり、上手く貼るのに苦労します。

【気候】

「ニジェールには季節が3つある。

 暑い

 めっちゃ暑い

 死ぬほど暑い」

と隊員の間では言われていました。

 

お昼寝は必須です。

生きるのに必死です。

 

「生きてるだけで丸儲け」

を実感しましたw

 

【どくだみJAPAN☆は毎週月曜日午後9時にお届けします】

※情報は2014.11.24時点のものです

なっさん

座右の銘は「来た波には乗る」。久留米生まれの久留米育ち。  2007年、青年海外協力隊で西アフリカニジェール共和国へ村落開発普及員として赴任。2年の活動を経て帰国。 現在、武雄市役所で「お住もうコンシェルジュ(移住相談員)」として勤務。

この記事もおすすめ