探検気分で特別体験! 壮大さに圧倒される宮崎県「ダム・発電所巡り」募集

 秋は旅心がそそられる季節。とはいえ定番の観光地巡りでは、ちょっと物足りない…という人もいるのでは。そんな人たちにお薦めなのが、橋やトンネル、港など、私たちの暮らしを支える施設をめぐる「インフラツーリズム」。中でも壮大なスケールで非日常感を味わえるダムと発電所の見学ツアーは注目です。

 九州山地を水源とする河川が数多く流れる宮崎県。古くから水力発電が盛んなこの地域で11月、特別感満載の2つのダムツアーが開催されます。

「椎葉ダム」の紅葉(九電インスタグラムから)

「上椎葉ダム」の紅葉(九電インスタグラムから)

美しく弧を描くアーチ式ダムや宮崎県最古の発電所を間近で
 宮崎県西都市の杉安峡上流に現れる「一ツ瀬ダム」は、高さ130m、長さ416mの九州最大のアーチ式ダム。弧を描く巨大なアーチの美しさと迫力に圧倒されます。

 この「一ツ瀬ダム」をはじめ1泊2日で県央のダムや発電所を巡るのが「宮崎県央3水系のダム・発電所巡りと都城の食を楽しむツアー」【11月2日(土)、3日(日)実施】です。

   九州最大の揚水式水力発電所「小丸川発電所」では、地下400mの発電所構内に入ります。また、宮崎最古の水力発電所「黒北発電所」<1907(明治40)年稼働>は、アーチ形の明かり取り窓など洋風のデザインが当時の面影を色濃く残す国の登録有形文化財、今なお発電を続けるダムの生きたレジェンド。必見です。

一ツ瀬ダム全景

一ツ瀬ダム全景

万里の長城デザインや近代化遺産など多彩な魅力に触れて
 宮崎県の県北を流れる耳川水系では、戦前から水力発電用のダムが建設されてきました。「宮崎県耳川水系ダム・発電所ツアー」【11月23(土・祝)、24日(日)実施】では、1915(昭和4)年に運転開始した「西郷ダム」や日本最大のラジアルゲートの据え付け工事が完了したばかりの「山須原ダム」を巡ります。

 さらに1924(昭和13)年竣工当時、東洋一の高さを誇った「塚原ダム」も見学。万里の長城をイメージしたとされるデザイン性の高いダムは、国の登録有形文化財、近代化産業遺産に指定されています。「上椎葉ダム」は、1955(昭和30)年建設の日本初の大規模アーチ式ダム。ダイナミックな風景に出合えます。

最大の魅力は「体験」、キャットウォークやドローン空撮も
 今回のツアーは、見学に終わらない「体験」が最大の魅力。電力会社の社員はダム壁面に設けられた狭い通路を歩き、点検作業をしていますが、「一ツ瀬ダム」と「上椎葉ダム」では、この「キャットウォーク」と呼ばれる通路の歩行体験ができます。

キャットウォーク歩行体験ができます

キャットウォーク歩行体験ができます

 プロしかできない体験をツアー参加者だけが特別に味わうことができるのです。ヘルメットをかぶり、まるで探検気分に。ドローンを飛ばして上空からの記念撮影も実施します。

まるで探検気分が味わえます

まるで探検気分が味わえます

グルメや文化、紅葉も堪能できる、ぜいたくな秋旅
 この2つのツアー、ダム・発電所以外にも選りすぐりの宮崎観光が添えられているからびっくり。都城産宮崎牛のロースステーキの夕食、霧島酒造工場見学、都農ワイナリー見学と宮崎グルメにも親しめます。さらに、日本の滝100選の一つに指定された「関之尾滝」周辺散策や椎葉神楽鑑賞など、各ツアーそれぞれに感動と癒やしが用意されています。

関之尾滝

関之尾滝

 実施は紅葉の時期。山間のダムの周辺には美しい風景が広がっているでしょう。秋の絶景を満喫しながら、私たちの暮らしを支えるダム・発電所を身近に感じてみてはいかが。

都城市ミートツーリズム1日目夕食

都城市ミートツーリズム1日目夕食

宮崎県央3水系のダム・発電所巡りと都城の食を楽しむツアー
日時:11月2日(土)、3日(日・祝) ※1泊2日
見学場所 : 九州電力 一ツ瀬ダム、小丸川発電所、黒北発電所、霧島酒造工場 ほか(宮崎県内)
旅行代金 : 大人1人3万7,000円(税込み) ※宮崎市発、1室2人以上の場合
着地 : JR宮崎駅(宮崎市)
宿泊先:ベッセルホテル都城
添乗員:同行

食事:朝1、昼2、夕1
定員 : 先着25人(18歳以上限定)
申し込み先 : 九電旅行サービス【九電産業株式会社 旅行部】
電話:092-731-4891(平日9:30~17:30)
旅行企画・実施:九電旅行サービス 【九電産業株式会社 旅行部】 観光庁長官登録旅行業 第1879号・日本旅行業協会 正会員

宮崎県耳川水系ダム・発電所ツアー
日時:11月23日(土・祝)、24日(日) ※1泊2日
見学場所 : 九州電力 上椎葉ダム、塚原ダム、椎葉夜神楽 ほか(宮崎県内)
旅行代金 : 大人1人 3万9,800円(税込み) ※宮崎市発、1室2人以上の場合
発着地 : JR宮崎駅(宮崎市)
宿泊先:旅館 鶴富屋敷 または 旅館 奥日向

添乗員:同行
食事:朝1、昼2、夕1
定員: 先着22人(18歳以上限定)
申し込み先(旅行代行) : JTB宮崎支店
電話:0985-29-3511(平日9:30~17:30)
旅行企画・実施 :JTB 宮崎支店  観光庁⾧官登録旅行業 第64号・日本旅行業協会 正会員

企画・制作/西日本新聞社メディアビジネス局

【PR】九州電力株式会社 宮崎支社

※情報は2019.9.25時点のものです