晩秋の紅葉めぐり 〜 基山町の大興善寺・筥崎宮・福岡県庁 東公園

週末はレジャーに忙しい亀爺(かめじぃ)じゃよ。

今回は、「晩秋の紅葉めぐり」三連発の巻。

 

12月に入ると途端に木枯らしが吹き冬の訪れじゃ。11月末に急ぎ足で紅葉を楽しもうとほっつき歩いた模様をお届け。

でも12月になったから、もう散ってしまったろうな!

 

佐賀県基山町の大興善寺は、すごい人出で駐車場も満杯。参道をそぞろ歩くと境内までは長い階段が・・・。


ズルして迂回路を行くと熟れた実がたわわな柿木や、マユミという不思議な木にも出会えたぞ。

柿の木

柿の木

「まゆみ」の木

「まゆみ」の木

実はこんな感じとばい

実はこんな感じとばい

いざ境内へ。

オーッ!見事な紅葉が待ち受けていたぞ。しばし人生の黄昏に思いを巡らす亀爺であった。

境内から眺めた景色

境内から眺めた景色

 

次に家から歩いて10分の筥崎宮の「花庭園」へ。

2つ目は筥崎宮へ

2つ目は筥崎宮へ

この日本庭園には季節に合わせて様々な草花が咲いており心を慰めてくれる。

紅葉はさほど多くはないがそれでも庭園の散策路をほっつくと季節を実感できるのじゃ。

 

最後に県庁前の東公園。見事なポプラが数本。

見事に黄色に色付き、地面にも落葉した葉が絨毯のように敷き詰められておった。

人もまばらで、秋を独り占めした感じで満足であったぞ。

イチョウの落ち葉がすばらしかったぞ!

イチョウの落ち葉がすばらしかったぞ!

 

【次のネタは未定じゃ!】

※情報は2014.12.3時点のものです

佐賀県基山町の大興善寺

住所佐賀県三養基郡基山町大字園部3628
TEL0942-92-2627
FAX0942-92-3077
URLhttp://www.daikouzenji.com/temple/

亀爺

一部では評判のよくない団塊の世代の当事者。

「グランドパス65」を自慢げに掲げて悦に入る。どこにでも行けるのじゃ!と市内を放浪するのが楽しみ。

糖尿、高血圧と戦いながら暇を見つけてはひたすら街を歩く。歩いていると、これまで気付かなかった風景や意匠、事件?に出会うことも。福岡に限らず九州、海外をほっつき歩くこともしばしばである。

趣味は下手なゴルフ、台湾と韓国の街歩きと立ち食い。

関連タグ

この記事もおすすめ