水郷柳川・晩秋の風物詩「白秋祭・水上パレード」リポート

 北原白秋の没後77年目の命日にあたる11月2日、福岡県柳川市で開かれた「白秋祭・水上パレード」に出掛けて来ました。

西鉄・柳川駅に降り立ちました

 西鉄福岡(天神)駅から約50分電車に揺られ、柳川市の西鉄・柳川駅に降り立ちました。

駅前には北原白秋作「からたちの花」の碑が

 西鉄・柳川駅前に建つ銘板に記されていた詩は「からたちの花」。柳川ゆかりの詩人・北原白秋<1885(明治18)年~1942(昭和17)年>の代表作です。

町には「掘割」がめぐらされています

 柳川といえば、町中にめぐらされた「掘割(ほりわり)」と呼ばれる水路を「どんこ舟」と呼ばれる小舟で情緒豊かに進む「川下り」が有名。

毎年「白秋祭」が開かれています

 毎年、白秋の命日とその前後日にあたる11月1日~3日の3日間、「白秋祭」と銘打たれた祭りが開かれていて、この日は大々的な水上パレードも予定されています。
 没後10年の1952年に始まり、今回で67回目の開催とのこと。その回数からも地域で愛される祭りであることが分かります。

どんこ舟に乗ってみました

町全体で「白秋祭」を盛り上げています

 早速、どんこ舟に同乗者13名とともに乗り込み、鮮やかな藍色に染まる空を見上げながら、川下りのスタートです。

豪華なお弁当が用意されていました

 テーブルの上には豪華仕出し弁当が。おいしい料理をつまみながらビールや酒をたのしみ、夕なぎに吹かれながら遊覧する優雅な時間。最高です。

日が暮れる時間帯もいい雰囲気

ステージも用意されています

大きく描かれた白秋の顔が印象的です

 70を超えるどんこ舟が特設ステージ前に集結して開会式がスタート。
 観光柳川キャンペーンレディ・通称「水の精」から、水上パレードを楽しむうえでの注意事項の呼び掛けがあり、「くれぐれも川に飛び込まないでください」というくだりで、場内大笑い。場が和み、出発に向けて気分が高まります。

北原白秋作詞の名曲の合唱に見送られて出発

 水上パレードへ、いざ出発!

琴の演奏も

本格的な合唱&金管楽器の演奏

迫力の和太鼓

 川の上にいくつものアトラクション舞台が設置され、参加客を出迎えてくれます。

橋の上や堀端からもおもてなしの声が

 おもてなしの声は橋の上や川岸からも。市民の皆さんによる大歓迎に胸がジンと熱くなります。

名物のフォトスポット

歓迎提灯トンネルをくぐります

 フォトスポットの一つ「歓迎提灯トンネル」。素朴な造りながらも見事な演出。情緒あふれる趣向に、またまた胸が熱くなります。

 「かんぽの宿 柳川」前に全ての舟が再び集結。白秋祭はクライマックスを迎えます。

フィナーレの花火

水面に映る花火の美しさも格別です

 祭りのフィナーレを飾るにふさわしい、超至近距離に上がる色とりどりの花火。息を飲むほどの美しさです。

白秋さんに見送られて船着き場へ

 盛大な花火が終わると白秋さんに見送られ、どんこ舟は静かに船着き場へと進みます。

また訪れたい優雅な舟の時間でした

 およそ3時間の優雅な舟旅。「ぜひ来年もまた」と思わずにはいられない、すばらしい非日常時間を味わうことができました。

柳川市観光協会公式HPサイト

※情報は2019.11.13時点のものです

西山健太郎

1978年福岡市生まれ。2017年2月、樋口一幸氏(Bar Higuchi店主、ウイスキートーク福岡・実行委員長)とともに、福岡の飲食文化・芸術文化に関する情報発信を行う非営利団体「福博ツナグ文藝社」を設立。西日本新聞社のアート情報サイト・ARTNE(アルトネ)でのアートイベントレポート・若手アーティストインタビューやリビング福岡ウェブサイトでの“福岡の美しい日常風景”をテーマにした写真コラム「福岡風景/Fukuoka View」の連載など、独自の切り口で情報発信を続けている。

この記事もおすすめ