女王の故郷!?いやいやアルプスの少女ハイジの故郷【リヒテンシュタイン公国】~珍国の女王☆度々世界旅~

これまでの人生で訪問させて頂いた国や地域は100ヶ所を超えているが

女王の担当エリアは珍国・・・。

珍国とは普段の生活では耳にしないような聞きなれない国のこと。

なので、めったなことがないとヨーロッパへは行けない。

しかし、その「めったなこと!」が昨年起こった!

任務は 

【リヒテンシュタインへ行け。】

 

りひてんしゅたいん(?_?) ドコダ、ソレ?

 

その場所は

リヒテンシュタイン公国

 

とかいう高貴な名前を持つ国。 

なぜ、高貴な名前かって・・・

 

リヒテンシュタイン公国

には

リヒテンシュタイン家

なるものが存在するのだ。

 

 インターネットなどで検索すると

 

リヒテンシュタインの国家元首の地位は代々リヒテンシュタイン家の

当主が引き継いでいて、大きな政治的権限を持っており、

「ヨーロッパ最後の絶対君主制」

といわれるほど。リヒテンシュタイン家は元はオーストリアの貴族で、

リヒテンシュタイン公国の何倍もの面積の土地をオーストリア領内に

保有するなど非常に裕福。

その個人資産の総額は約30億ユーロ(約4800億円)にのぼる。

これだけの大金持ちであるため、リヒテンシュタイン家は国から一切の

歳費は受け取らずに、むしろ国の側が国家運営をリヒテンシュタイン家の

資産に頼っている。

 

と書いてある。どうやら女王の実家ではないようだ。

ということで、スイスから鉄道で行けるリヒテンシュタイン公国をご紹介。

 

そしてこのリヒテンシュタイン、

アルプスの少女ハイジの舞台となった村もあるのだ!

 

今回はいつもの珍国よりは安全なヨーロッパということで

誰にも頼らず自力でリヒテンシュタインの首都ファドゥーツへGO!

 

まずはスイスのチューリッヒ駅。

とても大きい駅。そして凄く綺麗。

とても大きい駅。そして凄く綺麗。

切符の購入方法も分かり易くスムーズ。

 案内板も英語表示があって見やすい。

案内板も英語表示があって見やすい。

ヨーロッパ列車の旅♪な~んて憧れていたが、ファドゥーツまではたった1時間。

目的地までは日本円で片道約5,000円。

目的地までは日本円で片道約5,000円。

ひたすら 湖沿いを走る鉄道。

素晴らしい景観に大興奮!

素晴らしい景観に大興奮!

 

こんな光景も絵になる。

こんな光景も絵になる。

美しい山々はずっと見ていても飽きない。

美しい山々はずっと見ていても飽きない。

チューリッヒから国境近くのスイスのサルガンス駅で下車。

駅前から出ているバスでリヒテンシュタインの首都ファドゥーツまで。

片道400円くらい。

片道400円くらい。

途中、ライン川を渡るところが国境で、入国審査も何もなくスル―。

いつの間にか入国(笑) 。街は小さくコンパクトにまとまっている。

この辺りはオフィス街といった感じ。

この辺りはオフィス街といった感じ。

観光客があつまるエリアはこんな感じ。

レストランやお土産物屋さんがたくさん。しかし、高い…

この道の先にツーリストセンターや美しい切手の数々が有名な郵便局がある。

この道の先にツーリストセンターや美しい切手の数々が有名な郵便局がある。

ツーリストセンターでは記念の入国スタンプを押印してくれる。有料!2ユーロ

メインストリートを歩いていると上の方に何か不思議な建物が…

丘というか、山の上にそびえたつリヒテンシュタイン家の居城。

丘というか、山の上にそびえたつリヒテンシュタイン家の居城。

このお城を見たときに、女王は女王のくせにとてつもない庶民感を

味わった(笑)

 

さて、 リヒテンシュタインはさほど見るところもないし

アルプスの少女ハイジの舞台になった村は

ここリヒテンシュタインだが、日帰り任務なので

時間的に難しいし、街中を走る観光トロッコ列車のようなものも

あったのだが、催行時間が観光客のことを考えてないような

中途半端な時間だし、街に2台しかないタクシーは手配不可だし、

結局お昼を食べて、早めにチューリッヒに戻ることに。

 

お天気はすこぶる良かったので、青空と初のヨーロッパに

ビールで乾杯。

ほろ酔い気分でひとりでパスタを食す。

ほろ酔い気分でひとりでパスタを食す。

行きはファドゥーツまで直行バスだったのだが、帰りはなぜか

各駅停車のローカルバス。

 おかげで、リヒテンシュタインの美しい風景や生活の様子が

見ることが出来た。

しかし狭い路地ばかりを通るので被写体が近すぎて、せっかくの

良い雰囲気の写真は撮れず…。

ハイジがいるのはあの山の向こうだろうか???

青空と山々が本当に美しい。

ハイジがいるのはあの山の麓だろうか???

ハイジがいるのはあの山の麓だろうか???

口笛はなぜ遠くまで聴こえるのか、おじいさんに教えて欲しかった…。

 

美しい風景とハイジの村に名残を感じながら人生初の

短すぎるヨーロッパ鉄道の旅

は終わったのだった。

 

今回の任務は確かにリヒテンシュタインタインだったのだが

スイスのチューリッヒに2泊した為、実は思い出はチューリッヒに

たくさんある。 また機会があれば

~短時間でもチューリッヒ満喫!チーズフォンデュって最高♪~

を書きたいと思う。 

 

 あっ、ちなみにこの時の任務はリヒテンシュタインだけではない。

ありえないコースでいつもに増して疲れが倍増した。

 

スイス→リヒテンシュタイン→グルジア→モルジブ→シンガポール

 

普通じゃ誰もやらないコース・・・。

ロシア航空、モスクワ経由でスイスに入ってシンガポール航空で帰国という

あり得ない行程。珍国巡り出来ていいね♪と言われることが多いが、 度を過ぎると

ワインの量が増して体重が増加してしまうのである。

 

「気を付けよう、甘い言葉と珍国ワイン・・・。」

 

それでは皆様、★メリークリスマス★

※情報は2014.12.25時点のものです

珍国の女王

  • 【珍国→珍しい国→日常ではあまり耳にすることのない国】

    縁あって100ヶ国以上の国や地域を訪問させて頂いております。 なぜ、自分で女王と言ってるかというと、西ヨーロッパ諸国を訪問した時に 立て続けに現地の人に、どこかの女王に似てると言われて有頂天になってるから。 どこの国の女王かは不明だけど。 特技は、どんな地域にでも雨を降らせて、虹を架けること。 究極の雨女です!

この記事もおすすめ