2014年国内旅行伸び率ランキング!2位和歌山、3位熊本。1位は…?

楽天トラベルが、2014年を通して国内旅行で注目を集めた都道府県をまとめたランキングを発表しました。2014年は富岡製糸場の世界遺産登録、円安で訪日外国人客が過去最高を記録するなど、いろいろな話題で国内旅行が盛り上がりました。さて、年間を通じて注目を集めた都道府県とそのワケ(理由)は?

 

■楽天トラベル国内旅行都道府県別伸び率ランキング

 

2位:和歌山県(+16.2%)(「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産に登録されて10周年、高野山が2015年で開創1200年)

3位:熊本県(+16.1%)(「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」が推薦候補として選定)

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」効果で熊本城にも多くの人が訪れました。

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」効果で熊本城にも多くの人が訪れました。

4位:山形県(+15.7%)(山形DC、山形空港の羽田便増便、名古屋線復活)

5位:沖縄県(+15.3%)(新石垣空港開港2年目、訪日外国人が最高)

6位:滋賀県(+14.9%)(琵琶湖を徒歩や自転車で周遊するビワイチ)

7位:群馬県(+14.4%)(「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界遺産登録)

8位:大分県(+14.3%)(豪華寝台列車「ななつ星in九州」運行開始から1年)

ななつ星の人気は絶大です!

ななつ星の人気は絶大です!

9位:栃木県(+14.1%)(子連れ予約好調、那須温泉、鬼怒川温泉)

10位:兵庫県(+13.2%)(「天空の城」竹田城跡ブーム、「軍師官兵衛」効果)

 

そして、栄えある1位に輝いたのは佐賀県!!前年同期比+22.5%の伸びでした。

 

■佐賀県の宿泊予約が急増した理由

 

では、なぜ2014年、佐賀県の宿泊予約が急増したのか。楽天トラベルは3つの理由をあげています。

 

その1:福岡県民の「佐賀旅」急上昇!

2014年に福岡県民の佐賀県への旅行は前年同期比+27%と他県を含めた全体より5ポイント急上昇。佐賀県を訪れる旅行者の全体の5人に1人は福岡県民となり、佐賀旅熱の高まりが見られました。中でも予約の半数以上が嬉野温泉・武雄温泉エリアでした。

嬉野温泉街

嬉野温泉街

御船山楽園のライトアップ

御船山楽園のライトアップ

その2:人気温泉地や佐賀食に注目!

嬉野温泉・武雄温泉エリアは2014年の年間で前年同期比+23.1%上昇。日本三大美肌の湯として知られる嬉野温泉での「嬉野ぷるるん宣言」PRや、武雄温泉での「武雄温泉しあわせの朝」「朝ヨガ」など朝にフォーカスした取り組みがヒット。さらに、前年同期比+35.1%と最も伸びた唐津・呼子エリアでは、唐津城や名護屋城など「黒田官兵衛」ゆかりのスポットや、呼子のイカの活造りや活サバなど佐賀でしか味わえない「佐賀食」に注目が集まっています。

唐津城

唐津城

呼子のイカ

呼子のイカ

その3:ユニーク公共施設のヒット

武雄市図書館の年間来場者数はリニューアル前と比べて3.6倍の92万人を超え、公共施設としてユニークな展開と動員力で話題に。市街居住者の割合は約半数となり、新たな観光施設として台頭しています。

武雄市図書館

武雄市図書館

佐賀1位の朗報について、坂井浩毅副知事は「佐賀の旅の最大のウリは『食』。透明すぎる呼子のイカ、佐賀牛、竹崎カニなど。豊かな佐賀の食を是非お試し下さい。また、佐賀のおいしい日本酒もご用意しております。ゴールデンウィークには有田陶器市も開催されますので、あわせてお楽しみください」とコメントしていました。

 

福岡のお隣佐賀県の快挙。しかも、この快挙に福岡県民が随分貢献しているようで嬉しいです!トップテンには、佐賀はじめ九州からは熊本、大分がランクインしていますが、2015年は福岡にも国内外から多くの人が訪れてくることを願っています。

※情報は2014.12.26時点のものです

この記事もおすすめ