Fiji のTaveuni Islandへ家族旅行 「カーヴァ飲み干せば、あなたも村の一員たい!」☆どくだみJAPAN

家族でバカンス!
なんて素敵な響き

 

よく見る旅行雑誌や旅行代理店のパンフレット
パパとママは爽やかなバケーションファッションを身にまとい、お手て繋いでビーチのお散歩
子供達はプールで可愛い水着にプールで満悦なスマイルに水しぶきのシーン
至れり尽くせりのリゾートホテルでの何十種類ものビュッフェ朝食

 

いつからか、自分の心が不快さを抱いてきた

 

おい、待てよ。
家族旅行って、こんなんじゃないだろ
どっかの会社のマーケティングに踊らされたような家族旅行をやってどーする?

 

せっかくの家族旅行、家族バラバラでマテリアル的に贅沢三昧もいいけど、本当に家族全員揃って一緒の時間を過ごせることこそが贅沢なのでは?

 

私は母親として、妻として、1人の女性として、どんな風な家族旅行をクリエー出来る?

 

私は下の子が2歳、上の子が5歳の時から家族旅行のやり方を変えた。

 

私達の年に一回の家族旅行

 

どーせ行くなら
Do ザ!サバイバル
必要最低限のテクノロジーだけがある所へ

本物に会いに行こう

五感で思いっきり大自然を満喫しよう

その土地の文化&歴史に密着しよう

そう強く願い、家族で今まで色々な国に行って色々と素晴らしい体験をして来たが、一番忘れられない場所がある

 

それはFijiにある島Taveuni Island
Fijiでは’Garden Island of Fiji’と言われている。

 

FijiのNadiから小型の飛行機
かなりやばそ。

これがTaveuniへの飛行機

これがTaveuniへの飛行機

乗務客は私達家族のみのプライベートジェットそのもの

パイロットがセイフティーブリーフィングも全部コックピットからやる

なんかタクシーに乗ってる感覚

不安と期待、乱気流と雨の中
飛ぶ事約1時間

 

雨も止み、晴天の空から
まるでPlanet Earthでも見ているかのような光景

 

Taveuni Island が見えてきた!

飛行機から見たTaveuni島の景色

飛行機から見たTaveuni島の景色

深い原生林やトロピカルフラワーが茂り、水も豊富に森から溢れ出している。

 

その土地のエネルギーとミネラルをたっぷり含んだ水は海に流れ出し、その島の周りは世界トップ5に入るほどのダイビングスポット
島の周りの海の中までもが’Garden Island of Fiji’なのだ

 

空港と名乗る掘建小屋に到着。お世話になるリゾートの方がお迎えに来てくれた

とんでもないデコボコ道を走ること30分
やっとリゾートに到着

それは本当にありのままの地球を見たような特別な場所

 

携帯電話の電波は届かない

電気はジェネレーター発電

水も自家処理

自給自足の食生活

そこらを駆け回っているニワトリが夕食

オーナーとスタッフはランチ用のお魚を毎日釣りに行く
なので、メインランチメニューはヒミツ

この島には牛が飼われていないので、乳製品なんてものはない

夕食は豚の丸焼きにサラダ

夕食後、リゾート=村の儀式が行われる

草のスカートを身にまとって踊るおじさん、
むむむ?庭師のおじさんじゃないかー!(◎_◎;)

夜の歓迎民族ダンス

夜の歓迎民族ダンス

司会の男はオカマ
この島では次男以下は女性として育て上げられる生活習慣
でもやっぱりビミョ〜

踊りの儀式が終わると、カーヴァーという芋を発酵させた特別なお酒を盃を回して飲み、村の一員としての歓迎を受ける

すんごいマズイっす
しかも舌が段々痺れて感覚がなくなってくる〜
なんじゃこりゃ

そんなこんなで、最後はみんなで踊りまくって儀式終了

カーヴァという伝統の酒盛りで私達も村民に仲間入り

カーヴァという伝統の酒盛りで私達も村民に仲間入り

幼い我が子達は地元の方に教わった魚との戯れ方に夢中

ココナッツの白い身の部分を噛み切って、ぺっと吹き出すと

あれあれあれー、かわいいココナッツフィッシュと呼ばれるお魚さん達がたーくさん寄ってくる!

私達大人はダイビングへ

レインボーリーフと呼ばれる世界でも指折りの素晴らしいダイビングスポット

レインボーリーフのダイビング

レインボーリーフのダイビング

ダイブマスターがここはFijiで唯一、雪が降ると言われていると教えてくれた

どーゆーこと?

潜ったらわかるぜぃ

ダイブマスターについて潜ると

うわ〜

100mの岸壁一面に生息する白いソフトコーラルがびっしり

それはそれは本当に地球に感謝しまくる瞬間

本当に雪が降っているようでした

もう一つの違う岸壁では紫色のみのソフトコーラルがびっしり

アメジストのような深い紫色
神秘的な光景

 

リゾートの村長さん曰く

この島の深い森からの栄養たっぷりの山の水が海の中にまでカラフルなGardenを創り上げているんだと

他のFijiの島々のようなリゾート開発が進む中、この島だけは森の保護に住民一帯で活動しているのだそうだ

 

電気もない
道路もデコボコ
お店で買える甘いオヤツは路上で売られている切った果物

本当に何もない

でも住めば住むほど沢山ある

それは私達を毎日感動と驚きに導いた大自然

温かい人情味溢れる地元の人達

人懐っこい可愛い地元の子供達

ありのままの健康な食材

LavoというFijiの伝統料理

LavoというFijiの伝統料理

携帯電話も使えないから
現代のテクノロジーに邪魔される事のない丸々な家族の時間

本当の家族1人1人と向き合えた家族旅行

シンプル&質素な時間

家族全員で心から地球に感謝する時間を初めて持てた

この心を身をもってプレゼントしてくれたTaveuni Island

私達家族の大切な場所

さて、今年のザ!サバイバル的家族旅行はどこにしよっかな

※情報は2015.3.20時点のものです

SATOKO

ニュージーランド 在住13年目

バイリンガル子育て&若手起業家の夫育を楽しむ専業主婦。

また、オークランドでマルチシンガー、ステージMC, イベント企画など極小活動活躍中。 現在夢に向かって花の学生

この記事もおすすめ