4コマ漫画で分かる!ニジェール日和~部族・言語・頭編~

こんにちは、なっさんです。

青年海外協力隊 村落開発普及員として

アフリカの最貧国 ニジェール共和国で2年間活動しました。

 

距離的にも心理的にも遠いアフリカ。

これは私個人が、私目線で見たニジェールという国の一部分ですが、

少しでも興味を持っていただく

きっかけになれば幸いです。

 

【ことば】

国境は通常、地形や民族、当時の統治者によって決められますが、

アフリカの国境はいわゆる“支配国”によって決められたため、

1つの民族が国を跨って存在することや、

1つの国に多くの民族・部族が混在するのが特徴です。

バイリンガルはもとより、3、4か国(部族)語もザラです。

 

【同僚から教えてもらいました】

私が活動していたのは“ハウサ”族が多くいる

“ハウサ語圏”のまちと村。

(プール族の村やトゥワレグ族の村にも行ってましたが、彼らはハウサ語も話せました。)

同じハウサ族も、さらに細かな部族に別れます。

今は減りつつありますが、部族を見分けるために

顏に傷を付ける風習も。

 

バカ・チン

 

…福岡県民なら、笑っちゃいますよね?!

マンゴーを食べるおばちゃん。頬に線が入ってるの、見えますか?

マンゴーを食べるおばちゃん。頬に線が入ってるの、見えますか?

【頭に載せる】

アフリカのイメージといえば?

 

「物を頭に乗せる!」

 

これは本当でした。

にんじん売りの少女(おっちゃん達が生でかじる)

にんじん売りの少女(おっちゃん達が生でかじる)

もはや中身が何だか分かりません。

もはや中身が何だか分かりません。

しかもみんな、めっちゃ姿勢がいい。

腰が曲がったおじいちゃん・おばあちゃんを

殆ど見かけませんでした。

 

私も物を頭に乗せる特技を習得しました。

 

日本で披露する機会はほとんどありません…。

ただ、重心が上がるせいか、手で持つより軽く感じます。

 

日本人の髪はつるつる滑るので、頭に布を巻くと上手くいきますよ!

 

★過去のなっさんの「ニジェール日和」★

「子ども」と「まつ毛」⇒https://fanfunfukuoka.com/travel/11940/

「美しさ・食」⇒https://fanfunfukuoka.com/travel/14376/

「生年月日・住所・気温」⇒https://fanfunfukuoka.com/travel/17163/

「食べ物」⇒https://fanfunfukuoka.com/travel/18678/

「道端」⇒https://fanfunfukuoka.com/travel/20834/

【どくだみJAPAN☆は毎週月曜日午後9時にお届けします】

※情報は2015.4.6時点のものです

なっさん

座右の銘は「来た波には乗る」。久留米生まれの久留米育ち。  2007年、青年海外協力隊で西アフリカニジェール共和国へ村落開発普及員として赴任。2年の活動を経て帰国。 現在、武雄市役所で「お住もうコンシェルジュ(移住相談員)」として勤務。

この記事もおすすめ