広島県 竹原市の大久野島(うさぎの島)をほっつき歩き

こんにちは。

今回も遠出をしてしまった亀じぃです。

 

連休を利用して、広島県竹原市にある大久野島をほっつき歩く。

福岡から竹原まで、車で約6時間かけて到着。

忠海港に車を留め、フェリーで島に渡る。

大久野島に渡る忠海港とフェリー

大久野島に渡る忠海港とフェリー

 

この島は瀬戸内海国立公園内で人は住んでいない。

ただ休暇村があるのみ。

戦前は「毒ガスの島」といわれ、毒ガスを製造し、貯蔵したそうだ。

その遺構は今も残っておった。

島に残る「長浦毒ガス貯蔵庫跡」

島に残る「長浦毒ガス貯蔵庫跡」

 

今はなんと、ウサギの島として有名になっておる。

かわいか

かわいか

 

なぜウサギがいるのか?

学校で飼っていたウサギを放したという説と、毒ガスの実験用として飼われていたウサギが戦後、繁殖したという説があるったい。なんとおそろしい。

毒ガス実験!?

毒ガス実験!?

 

いずれにしろ、いろんな色のウサギが島中でゆったりと過ごしておった。

観光客が持ち込むエサも豊富で、どんどん増えているそうだ。

人間にもよくなついておったぞ。

この島は自転車で1周しても30分ほど。

瀬戸内海の潮風を受けて、ペダルを踏むのは気持ちがよかったぞ。

ラブ&ピース!

ラブ&ピース!

 

次の日は本土側の竹原市へ。

NHK連続テレビ小説「マッサン」で有名になった竹原市は、瀬戸内海交通の要衝として栄えた街じゃ。

 

「安芸の小京都」といわれ、国の重要伝統的建造物群保存地区をほっつき歩いた。

マッサンの主人公、竹鶴政孝の生家(竹鶴酒造)もあった。

重要伝統的建造物群保存地区にある竹鶴酒造

重要伝統的建造物群保存地区にある竹鶴酒造

 

古くは室町時代から栄え、江戸時代になると製塩業と酒造りが盛んだったそうじゃ。

石畳の街並みをそぞろ歩いていると、江戸時代にタイムスリップした気分が味わえるのだ。 

石畳でタイムスリップ

石畳でタイムスリップ

 

実は広島ネタは2回目でした。

誰か気づいた??

 

※情報は2015.5.21時点のものです

大きい地図で見る

亀爺

一部では評判のよくない団塊の世代の当事者。

「グランドパス65」を自慢げに掲げて悦に入る。どこにでも行けるのじゃ!と市内を放浪するのが楽しみ。

糖尿、高血圧と戦いながら暇を見つけてはひたすら街を歩く。歩いていると、これまで気付かなかった風景や意匠、事件?に出会うことも。福岡に限らず九州、海外をほっつき歩くこともしばしばである。

趣味は下手なゴルフ、台湾と韓国の街歩きと立ち食い。

この記事もおすすめ